飛行おに- Taikuri – Hobkoblin

飛行おに(Hobkoblin)は赤い目をして黒いハット帽を被った暗くてミステリアスな男で、大きなルビーを探して黒豹にまたがり世界中を飛んでいます。そして他の宝石も集めています。飛行おには特別な能力を持っていて、他人の夢を現実にする事ができます、ただ飛行おに自身の夢は現実にすることはできません。

3つめのムーミンの本、たのしいムーミン一家で飛行おにの黒いハット帽は重要な役割を果たします。飛行おにの帽子の中に針を入れるとそれはぶどうのつたになり、たまごの殻は空に、土は水になるのです。

トフスランとビフスランがモランから盗みだした世界で一番大きな、「ルビーの王様」を探していて、ムーミン谷にやってきます。そこでは自分の姿をネズミに変え、トフスランとビフスランに二つの山とダイヤモンドで一杯になった谷をプレゼントします。最後に飛行おにはトフスランとビフスランからルビーを返してもらい、優しさを表すことを覚えました。

Hobkoblin is a mysterious, dark and sorrow-minded man that has red, piercing eyes. Hobkoblin rides through the skies with a black panther, in search of the biggest ruby in the world. He also collects other kind of jewels. Hobkoblin has a special kind of talent; he can make other people’s dreams into reality but not his own.

The third original Moomin book Finn Family Moomintroll (たのしいムーミン一家), Hobkoblin’s black top hat plays a main role. If you put string inside Hobkoblin’s hat, it turns into vine. Hobkoblin’s hat turns eggshells into clouds and sand into water.

Hobkoblin is particularly looking for the biggest ruby in the world that is in the possession of Thingumy and Bob. When Hobkoblin comes to Moominvalley, he changes himself into a mouse and offers Thingumy and Bob two mountains and a valley is full of diamonds. In the end, Thingumy and Bob give the ruby to Hobkoblin as the mysterious man learns to show kindness.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.
Pictures: © Moomin Characters