Kuksa

みなさん、ククサ(kuksa)について聞いた事はありますか?

ククサとは趣のある木製のカップですが、ラップランドをハイキングする人と一緒に出てくるアイテムとして思い浮かべる人もいるかもしれません。

伝統的なククサは白樺の木を彫って作られます。そして二つの取っ手があり、それを革の紐でベルトに結びつけます。ククサはフィンランドの古くからのクラフトマンシップを表すものとしてあげられます。

kuksaククサはその使い方に気をつけなければいけません。昔のラップランドに住んでいた人たちはククサを洗うとすべての幸運が逃げてしまうと考えていました。唯一許されていたのはラップランドの山から流れ出す新鮮な川の水で洗う事でした。今日でもククサは洗剤などでは洗われず、もちろん食洗機等で洗うのはダメです。すべての人が家の近くに山水がある訳ではないので、通常は水だけで洗い、洗った後はタオルで拭き取ることが勧められています。

「ククサン フルユトゥス =Kuksan huljutus」とはククサを初めて使う時の伝統を表す言葉で、新しく使われるククサはまず少しのコーヒーもしくはコニャックが注がれ、内側の表面に飲み物が万遍なく行き渡るようにカップをまわされます。(ワイングラスをまわす要領と似ています)

一度その作業を行い、コーヒー、コニャックを捨て、また飲み物を注ぎ同じ事を繰り返します。そして最後の3回目にその飲み物をカップに十分に注ぎ飲み干します。この儀式が終わって初めて新しいククサは使う事が可能となります。

Pahka伝統的なククサは白樺に出来る”ふしこぶ”を使って作られていました。この木にできる”こぶ”は木が成長する過程で何らかのストレスを受ける事で出来る変形した部分の事です。そしてこの”こぶ”は時にとても美しい形をしているため、高価で見つけるのは簡単ではありませんでした。そのためこの”こぶ”は家具メーカーや彫刻家、アーチストたち大変人気のあった素材でした。しかしフィンランドの法律は直接このこぶを木から採る事を禁止しているため、ククサは次第に通常の白樺の木から作られるようになります。

アイカパイカにもククサはもちろんあります!

そのククサには手彫りのトナカイが左側に描かれており、その横にはKenと名前が入っています。このようにカスタマイズしたククサをオーダーする事も可能です。そして他のククサと同じように二つの取っ手があり、革のひもが結ばれています。これまでこのククサは家の飾り物と化していましたが、このブログを書いた今はとても使ってみたい衝動にかられています。これから2月にはとても寒くなる日があると思うので、暖かい飲み物を入れて飲んでみようかなと思っています。

みなさんもククサを揃えてみてはいかがでしょうか!?

Kuksa collage2

Have you ever heard of Kuksa? Some of you might recognize Kuksa from pictures of Lapland, as it is often used on hiking trips on the mountains. Traditional Kuksa is hand-carved of birch wood, has a two-finger handle and a leather strip that attaches Kuksa to one’s belt. Hand-carved Kuksa portrays ancient Finnish craftsmanship at its best.

It is crucial to know how to clean your Kuksa! Ancient people of Lapland believed that you will lose your fortune if you wash Kuksa at all – the only allowed method for washing Kuksa was by soaking it in the freshest mountain rivers of Lapland. But even today, Kuksa should never be cleaned with a soap, and a dishwasher is of course an absolute no-no. Well, in case you have no mountain river nearby, your best bet is just to rinse your Kuksa with cold water and pat it dry with a towel.

‘Kuksan huljutus’ is a tradition where a new Kuksa is officially taken into use by pouring a little coffee or cognac on the bottom. Then Kuksa is being turned so that the liquid wets the whole inside surface. This procedure is repeated the second time too, and a third time Kuksa is filled completely and drank empty – and so is new Kuksa ready to be used!

The traditional Kuksa is made of a birch pahka (burl in English). Pahka is an unusual deformation on a tree trunk that appears because the tree is undergoing some form of stress. Because pahka has very unusual beauty in it, it is very expensive and difficult to find. Pahka is extremely sought after among furniture makers, wood sculptors and artists alike. But as the Finnish law does not allow one to take pahka directly from trees, most Kuksa’s are made of regular birch wood.

We have one Kuksa at home. You can see that our Kuksa has a hand-carved reindeer illustration on the left-hand side, with a hand-carved name (my husband’s name) on it – I love this little customization detail! And of course this Kuksa too has the typical two-finger handle and a leather strap attached to it. We have ever used this Kuksa yet – it has just been displayed as a decorative item, but now I am getting curious to try it out. Maybe some cold winter evening we’ll enjoy a hot drink in it. What do you think? Interested in having your own Kuksa?

Sources: Wikipedia. Various other internet sources.