Pallotuoli – Ball Chair by Eero Aarnio

エーロ・アールニオがデザインしたパッロテゥオリ(ボールチェア)はフィンランドデザイン史上とても重要なファーニチャーのひとつです。デザインから50年を迎えたボールチェアのストーリーを今回は紹介します。

エーロ・アールニオは今80歳を超え、フィンランドのファーニチャーデザイン界では生きた伝説となっている人です。60年以上のキャリアの中で彼のオーガニックでブライトなカラーと曲線を組合わせた特徴は瞬く間に国際的な名声を得るようになりました。エーロはフィンランドデザインの中ではかなり異質です。なぜならば、フィンランドデザインの多くがそのミニマリズムとシンプリシティーを忠実に守っている中で、エーロの作品達はとてもディテールで遊び心と楽しさを持っていたためです。

エーロ・アールニオは当時あたらしい素材であったプラスティックが世界中に広まっていた1963年にボールチェアーをデザインします。彼は自分の家に快適で落ち着けるチェアーが無く必要だと考え、ボールチェアーのデザインを思いつきます。そしてエーロは全く新しい方法でチェアーを創り出す事となります。

いくつかのスケッチの後、エーロはその形がボールに似ている事に気づきます。

「私はその形をボールにする事にした。なぜなら、ボールとは最もパーフェクトな形で描くのもとても簡単であったから」

しかしながら、ボールのプロポーションが正しくなければチェアーとしての機能を果たすことはありませんでした。座る部分は快適でなければならず、チェアー自体もドアを通り抜けるサイズ(大きすぎない)でなければなりませんでした。最終的な製品となった時、このチェアーは単なるチェアーではなく部屋とよんでいいような建築的現象でした。

もちろんボールチェアーの商品化は簡単に進みませんでした。最初のプロトタイプを作る事はチャレンジングでした。エーロは地元のボートを製造する工場でファイバーグラスを見かけ、これでチェアーを作れないか試みました。しかし、この何回かの試みは失敗に終わります。その後プライウッド(合板)を型として使い中にメタルを入れ形をサポートする事で製品化への道が開けてきます。最初のプロトタイプのボールチェアはまだエーロのフィンランドの家のリビングルームにあります。

フィランドのファーニチャー製造業者であるアスコ(Asko)はボールチェアーを生産し、1966年のドイツ、ケルンで開かれた国際ファーニチュアーフェアに出品しました。瞬く間にそのフェアーで最も成功したチェアーとなり、30以上の国で販売される事になります。これをきっかけにエーロは国際的に有名になり、パスティッリ チェアー (Pastilli chair 1967年)、V.S.O.P チェアー(V.S.O.P  chair 1966年)、カンタレッリテーブル(Kanttarelli table 1966年)などのファイバーグラスのデザインが世の中に出て行きます。

アスコ(Asko)はボールチェアーを長い間生産しましたが、1990年の始めボールチェアーの権利はエーロ・アールニオに戻ります。その数千ドルする高いプライスタグにも関わらず、ボールチェアーの人気は衰えていません。現在ではドイツのメーカーが4つカラー展開で販売を行っていますが、販売されると直ぐに売り切れとなり、その多くがアメリカと日本に行っているようです。

ボールチェアーは最も有名なデザインのチェアーとして60年代には国際的にもファッションシューティングや、プレイボーイなどの雑誌のカバーなど、色々な分野でアイコンとなっていました。

Eero Aarnio

Eero Aarnio

Pallotuoli (Ball Chair) by Eero Aarnio is one of the most important furniture classics in the Finnish design history. Here is the story of Pallotuoli – a chair that recently celebrated its 50th anniversary!

Eero Aarnio, currently more than 80 years old, is a living legend in Finnish furniture design. Throughout his 60-year long career, Eero Aarnio has become internationally known for his organic, curvy shapes combined with bright colors. Eero Aarnio is an exception in the Finnish design – as we know, Finnish design is usually known for its’ strict minimalism and simplicity, while Eero Aarnio’s designs are full of details, playfulness and fun.

Eero Aarnio designed Pallotuoli (Ball Chair) was in 1963, in times when the new material, plastic, was taking over the world. The designer originally had his idea for Pallotuoli as he was missing a comfortable chair in his own home – so Eero Aarnio decided to build one in a completely new way.

After a few original sketches, Eero Aarnio saw that the shape started to resemble a ball. “I decided on a ball as ball is the most perfect shape and it is also easy to draw”, says Aarnio in an interview. However, if the proportions are not correct, the chair will not work – the seating area must be comfortable to sit and the chair must fit through a door. But as the success of Pallotuoli clearly shows the overall design is close to perfection. The final product is more than just a chair; it is more like a room in itself and an architectural phenomenon, to say the least.

Making Ball Chair into a reality was not smooth sailing, though. Building the first prototype was challenging. Eero had seen fiberglass being used at a local boat-making factory, and wanted to use this new material for the chair. The first few attempts using fiberglass were unsuccessful, but once the designer had the idea of using plywood as a mould and metal inside to support the shape, things started to move forward. The first-ever prototype of Pallotuoli is still standing in the living room of Eero Aarnio’s home in Finland.

Finnish furniture manufacturer Asko took Pallotuoli into its production and introduced it at the international furniture fair in Cologne in 1966. Pallotuoli was an instant success and the star of the fair, and it was sold to more than 30 countries. Pallotuoli  was the international breakthrough for Eero Aarnio, and the start for a whole line of fiberglass designs  with such classics as the Pastilli chair (1967), V.S.O.P chair (1966) or the Kanttarelli table (1966).

The Finnish manufacturer Asko produced Pallotuoli for a long time, but in the beginning of 1990s the rights for Pallotuoli were transferred back to Eero Aarnio. Even the high price tag of several thousands of  dollars does not keep fans of Pallotuoli away – right now there is a German maker that makes the chairs in four different colors. Practically all manufactured Pallotuoli’s are being immediately sold all over the world, mostly to the United States and to Japan.

Pallotuoli has become of the most famous chair designs of all time. It became an international icon of the 1960s, used in many fashion shoots and in important magazine covers, including the Playboy magazine.

Sources: Avotakka (June, 2014). Turun Sanomat: 7.8.2005. Turkulainen 11.1.2013. Wikipedia.
Pictures: Creative Commons. Turkulainen.

V.S.O.P

V.S.O.P

Pastilli

Pastilli

Kanttarelli

Kanttarelli