Futuro – the space-age summer cottage

とうとうフィンランドにUFOが着陸!?

このUFOとしか見えない建造物ですが、これはフトュロ(Futuro) と呼ばれる1968年にフィンランド人建築家のマッティ・スーロネン(Matti Suuronen)によってデザインされた楕円状のサマーコテージなのです。

Matti Suuronen

Matti Suuronen

Venturo

Venturo

フトュロは簡単に移動可能で、どのような環境でも簡単に組み立てる事ができるスキー用のキャビンとしてのアイデアから生まれました。フトュロは4mの高さと8mの直径を持つ建物です。床面積は25スクエアメーターで総重量は2500キロ。オリジナルの家具として6つのソファーベッドが備え付けられていました。昼にはソファー・イスとして機能し、夜になるとベッドへと変貌します。

その他にも独立した2人用の部屋やダイニングテーブルと一緒になった暖炉とグリル、キッチンやトイレ・シャワールームも完備していました。また楕円形のモチーフは至る所に使われており、窓やドアハンドル、ライトまで繰り返し同じモチーフが使用されていました。フロントドアが開いた際には飛行機のタラップの様に階段が降りてくる仕組みになっていました。

オリジナルのフトュロのカラーはホワイト、イエロー、そしてライトブルーでした。フトュロは16のブロックから構成されており、コテージは簡単に移動する事ができました。(もちろんヘリコプターでも移動可能です!)

フトュロは発売された1968年に瞬く間に世界中で有名となりました。そしてプラスティックという素材が世界中に広まっていた時代にまさに合致した建築物でした。しかしながら1973年にオイルショックが起きるとプラスティックの価格は何倍にも跳ね上がり、フトュロの販売は急落します。そのため、フトゥロはマスマーケット向けに大量生産されることなく消滅してしまいました。フトゥロをデザインしたマッティ・スーロネンは他のプラスティックの家もデザインしています。特に有名なのは1971年に作られたヴェントゥーロ(Venturo)ではないでしょうか。

発表後60から80のフトゥロが作られますが、5つのみフィンランドに現存しています。その他は世界中に散らばっており、アメリカに多く残っています。もし現物をみたいならば、ヘルシンキからすぐのエスポー(Espoo)にあるWeeGeeエキシビジョン・センターに行くのがよいでしょう。WeeGeeにあるフトゥロは5月から9月まで見学可能です(詳細はこちらのリンクから)

 

Futuro interior Futuro Yellowfuturo_helicopterFuturo Bluefuturo_floorplan

 

What is going on? Is there a 1960s UFO landed in the forest? No – not exactly. This is a story of Futuro, a plastic elliptical-shaped summer cottage that was designed in 1968 by a Finnish architect Matti Suuronen.

Futuro was born out of an idea to build an easily movable skiing cabin that could be assembled fast to any kind of environment. Futuro is four meters high and has a diameter of eight meters. Its floor surface is 25 square meters, and it weights 2500 kg. The original interior included six sofa-beds that were kept as chairs during the day time and transformed into beds for the night. There was also a separate two-person bedroom, a fireplace-grill-dining table combination (whatever that means!), a kitchen and a toilet-shower room. The elliptical shape is repeated in the windows as well as in many details, such as in door handles and in the lighting. When the front door opens, stairs come up, just like in an airplane (or a UFO, for that matter..:)

The original Futuro colors were white, yellow and light blue. Futuro is made of 16 blocks so that the cottage could be easily transported – although a Futuro can also be moved as a whole with a helicopter.

When Futuro was launced in 1968 it gained immediate recognition all over the world. Futuro was spot on trend in an era when plastic was taking all over the world. There was a lot of excitement, but then the 1973 oil crises happened, oil prices jumped through the roof and  Futuro sales collapsed. Because of the oil crises, Futuro became way too expensive to manufacture, and therefore this crazy summer cottage could never penetrate the mass market. Futuro’s inventor, Matti Suuronen, designed other plastic houses too, out of which Venturo (designed in 1971) is the most known.

Altogether there were about 60-80 Futuros were manufactured, out of which five remain in Finland. The rest are scattered all over the world – many can be found in the United States. If you want to see Futuro yourself, there is one in the WeeGee Exhibition Centre in Espoo, just outside Helsinki. The Futuro house in WeeGee is open from May until September each year – check out the details  here.

Sources: Wikipedia. WeeGees’ Futuro House Facebook-pages. www.finland.fi.