アラビア カレヴァラ プレート – Arabia Kalevala Wall Plates

アラビアやイッタラ等に興味がある人はアラビアのカレヴァラウォールプレートを目にした事があると思います。ブラウン、ブルー、ゴールドで彩られたとてもアクセントのあるパターンです。そしてこのプレートはフィンランドだけではなく世界中のコレクターを虜にしています。カレヴァラプレートはライヤ・ウオッキシネンによってデザインされ、1976年から1999年まで販売されました。

カレヴァラはフィンランドの民族叙事詩、毎年この叙情詩の一幕を現したプレートがリリースされ、フィンランド語、スウェーデン語、英語でプレートの裏面に詩が書かれていました。オリジナルのプレートのパッケージにはクーポンが含まれており、次の年のシリーズの注文に使う事ができました。

アラビアのカレヴァラプレートはコレクターやギフトとして人気を博しますが、毎年の限定シリーズのため時間が経つにつれ価値が上がってきました。カレヴァラシリーズが最初にリリースされた1970年代にはそのオールドファッションなカレヴァラをモチーフとしたスタイルとヘヴィーなカラーリングで批判を受けていました。しかし年が経つにつれ、フィンランド人はもちろん国際的にも徐々にポピュラーになってくるのです。特に私たちフィンランド人にとってはこのプレートは昔から家に飾ってあったり、おばあさんの家にあったりととてもノスタルジックなイメージがあります。

特に1976年に発売された最初のシリーズは生産数が少なかった事もありとても価値が高くなっています。80年代のシリーズは生産数も多くなった事から比較的現在でも簡単に入手できます。例外は1988年に発売されたプレートで、生産上の問題から極端に生産数が少なかったためです。この年の工場ではプレートを加工するための機械に不良があったとも言われていますが、詳細は分かっていません。

90年代のシリーズは経済不況の影響から生産数が少なくなったため、80年代のプレートの3倍の値段がついている事もあります。最も高い値段がついているプレートは88年、92年、93年、95年のシリーズです。特に93年のプレートは母の日の為に作られたシリーズで一番のコレクターズアイテムとされています。そしてカレヴァラシリーズは1999年までの生産をもって廃盤となります.

Kalevala plates collage

Many of you might have come across Arabia Kalevala wall plates – the strongly patterned wall plates with bold brown, blue and gold colors that have become collector’s favorites not only in Finland but elsewhere in the world. The Kalevala plates were designed by Raija Uosikkinen. The first plate was released to the market in 1976, and the last one in 1999.

Each year a new plate was released with an illustration showing a certain poem of Kalevala, the Finnish national epic poetry. The poem in question was written on the backside of the plate in Finnish, in Swedish and in English. The original plate packages also included a coupon that could be used to order the next year’s plate in advance.

Arabia Kalevala plates were meant as a collector items and as gift items, and their value increased with a fact that they were produced in limited quantities only. When the Kalevala plates were first launched in the 1970s, they initially received critique as being ‘old-fashioned’ with a ‘boring’ theme of Kalevala, and because the coloring was rather heavy. But over the years, Kalevala plates have become deeply loved by many Finns and foreigners alike (all of us Finns share nostalgic memories of our childhoods with Kalevala plates hanging in the wall in our own homes or in our grandparents place). Today, Kalevala plates represent the rustic, earthy design of Arabia that is adored by many.

The first Kalevala year plate 1976 is expensive, because it was the first design in the series and the production quantity was small. The 1980s plates were in general produced in large quantities (due to their popularity), and they are easily available even today. Exception is the Year 1988 plate, when the manufacturing process (the glaze) was unsuccessful and the quantity of plates was small. I even read somewhere that the plate-making machine broke down in 1988, but I am not sure how true this rumor is.

In the 1990s, production quantities were much smaller due to the economic depression that Finland was facing at the time. The 1990s Kalevala plates can cost more than triple the amount of 1980s plates. The most expensive Kalevala plates are usually the following: 1988, 1992, 1993 and 1995. The 1993 plate was a special Mother’s Day plate, and therefore it is often considered to have the most value. The last Kalevala plate was produced in 1999.

Sources: Various internet sources.