Easter rairuoho – Hyvää pääsiäistä!




今日はイースターの日曜日です!

私たちの家ももれなくイースターのたまごやウサギ、ひよこたちが増えています。二人の子供たちも今年は伝統的なフィンランドのイースターライルオホ(rairuoho ライ麦)を植えてみました。

フィンランドのイースターは伝統的に春の訪れと新しい息吹を祝います。そのため成長が早いライ麦は春や植物の生長のシンボルとして見られています。そしてイースターの時期にフィンランドの子供たちは24時間でどれくらいライ麦の草が伸びるか観察するのを楽しみにしているのです。このイースターでライルオホ(ライ麦)を育てる事は1960年代から始まりました。

ライ麦が生長するのは1.5週間しかかかりません。今回はブラックのプレートに土を添えて育ててみましたが、フィンランドでは色々な入れ物でライ麦を育てるのが普通です。壊れた卵の殻、ティーカップやマリボウル!まで。

ライ麦は普通の土はもちろん、キッチンタオルの上でも育つんです。育てる方法は難しくなく下の感じで行います。

  1. 入れ物(お皿、コーヒーカップ等なんでもOK)に土(もしくはタオル)を入れ、十分水を注ぎます。
  2. ライ麦の種をまきます。沢山まくようにするとライ麦が生い茂るように育ちます。
  3. 種をまいたプレートやコーヒーカップをサランラップで覆います。2−3日で芽が出てきます。
  4. 芽が出て来たらサランラップを外し、毎日水をやるようにします。

是非お子さんがいるお家では面白いので試しみてください!

ハッピーイースター!

Rairuoho1 Rairuoho2 Rairuoho3

Today is Easter Sunday! So, naturally our house is decorated with Easter eggs, Easter bunnies and chicks. With my two boys we also planted the traditional Finnish Easter rairuoho (ryegrass) a while ago.

Easter is traditionally a celebration for spring and renewal, so the Finnish Easter decorations typically are reflecting growth. The fast growing ryegrass is an ideal symbol for spring and growth – and every year the Finnish kids love to watch how much the grass has grown in 24 hours. Growing rairuoho at Easter became popular in Finland as of 1960s onwards.

It takes about 1.5 weeks to grow ryegrass into its’ full length. Although this time I chose a very simple black plate, many Finns are planting rairuoho in innovate ways, such as growing it in old teacups, in Mariskooli or in cracked eggshells. Only your creativity and imagination are the limits!

The ryegrass can grow on soil or even on a kitchen towel. If you can cut the top of the grass so that the edge is even (this time I left it as it is, though). Here is the detailed instruction:

1. Choose a plate that is deep enough to hold water, so that the water does not leak. Place soil (or alternatively kitchen paper) at the bottom of the container, and wet with plenty of water.

2. Sprinkle rairuoho (ryegrass) seeds on top of the soil or kitchen towel evenly. Be generous, as if there are too few seeds, the grass will not grow thick.

3. Cover the container with plastic warp until your can see sprouts (it takes a few days). Keep the soil / kitchen paper properly moist.

4. After you can see sprouts, remove the plastic wrap. Water every other day.

5. Keep on watering the grass when necessary.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です