Aalto Vase – Savoy Vase

フィンランドのデザインヒストリーの中で1936年に発表されたアールトベース(サヴォイベース)ほど有名なものはありません。アールトベースは当時(そして今も)とてもユニークかつ斬新なデザインでした。そのアバンギャルドなアシンメトリーの形状は1930年代のどのグラスデザインとも異なるものでした。

アルヴァ・アールトとその妻アイノ・マルシオ・アールトは1936年のカルフラーイッタラ工場のガラスデザインコンペのためこのアールトベースをデザインしました。そしてこの花瓶は翌年のパリ万国博覧会へ推薦されます。それを機会に瞬く間に有名になっていきます。

パリ万国博覧会でアールトベースはクリアー、スモーク、アズール(ライトブルー)、オーシャン・グリーン、リオ・ブラウン(ダークブラウン)のカラーで発表されました。それらすべてのカラーは通常のガラス工場で使われているガラスの種類・色でそこまで高価なものではありませんでした。もちろん当時はアートガラス用に高価なガラスマテリアルは存在していませんでした、アールトはあえてそれらの素材を使ませんでした。

この花瓶はもともと「アールトベース」もしくは「パリのオブジェ」と呼ばれていましたが、1937年にオープンする有名なサヴォイレストランのため、「サヴォイベース」と呼ばれるようになります。そして、サヴォイレストランではこのベースは花瓶として、また実際に食事をサーブするもの両方で使われていました。なんてファンクショナブルなんでしょうか!

アールト・ベースは現在もイッタラの工場でハンドメイドで作られています。私が実際に工場を訪れたとき(2014年)工場のツアーガイドは小さいベースの方が作り易いため、ジュニアの職人が作業を行い、成型するのが難しい大きなベースを熟練したガラス吹き職人が担当すると解説を受けました。

今日のアールトベースにはマスプロダクションとユニークなアートデザインの両方の側面を持っています。デザインモデル(木のモールドを使って手作業でガラスが作られる)はその工程の難しさがあるアート作品で簡単に1000ユーロをオーバーする価格です。一方、大量に作られる方のガラスは手軽に10ユーロ程度から購入する事ができます。この新しい大量生産のガラスはとても興味深く、いろいなデザイン形状やサイズ、カラーの展開があります。通常のモデルに加え、中には背の高いもの、キャンドルホルダー、浅いボウルのようなものまであります。カラー展開も毎年異なるため、いつもどんなシリーズが出てくるのかとても楽しみです。Aalto Vase Collage

 

Hardly any Finnish design object is as well known as the Aalto vase (Savoy Vase), designed by Alvar Aalto in 1936. The ‘Aalto vase’ was a spectacular design in its time – the avant-garde asymmetrical shape was quite different to the typical boring glass of the 1930s. The organic shape of the Aalto vase was truly revolutionary in its time.

Alvar Aalto and his wife Aino Marsio-Aalto first designed the Aalto vase for the Karhula-Iittala factory glass design competition in 1936. The ‘Aalto vase’ was introduced to the world in the Paris World Exhibition the next year– becoming an instant international success. For the Paris World Exhibition the vase was manufactured in clear, smoke, azur (light blue), ocean green and rio brown (dark brown). All of the original colors were inexpensive colors from which glass factories were manufacturing regular glass bottles. Even though glass factories of the 1930s did actually have more expensive glass material available for design object purposes, it is thought that using cheap glass material was a choice that Alvar Aalto made on purpose.

The vase of originally called as ‘Aalto vase’ or ‘the Paris object’. Later on the vase got a name ‘Savoy vase’ that refers to the renowned Savoy-restaurant (opened in 1937) to which Alvar Aalto designed the interior. In Savoy, the vases were used both for displaying flower arrangements as well as serving food – talk about an object being multi-functional!

The Aalto vases are all hand-made in the Iittala factory today. When I visited the factory myself in the summer of 2014, our guide told us that as the smallest vases are easier to produce and are therefore made by junior glass blowers. The bigger the vase it, the harder it is to blow it (one reason being that a big glass mass can get really heavy) – so the bigger vases are naturally blown by experienced, senior blowers.

Aalto vase of today is both a both a mass-produced object as well as a unique design object. The design models (hand-blown using a wooden mold) are incredible art pieces and can easily cost close to one thousand euros. The mass-produced Aalto vases, however, you are able to get them for just a few tens of euros. The new mass-produced types of the Aalto vase come in many different shapes, sizes and colors; in addition to the regular large model, there is a tall and narrow model, a candleholder, and various wide and low bowls. The colors of the Aalto vase are being changed year after year – it’s quite interesting to see what shades come up next!

Below we have combined just a few of the mass-produced models – the list is by no means comprehensive, but just to give you an overall idea of our beloved Aalto vase.

Sources: Avotakka (May 2014), www.iittala.com, Koivisto, K: Lasitutkimuksia – Glass Research (2001)