Birds by Oiva Toikka

オイヴァ・トイッカのバードは歴史的にも最も有名なフィンランドのデザインアイテムです。バードはオイヴァが彼の先生であり、友人であるカイ・フランクと一緒に働いていた1973年にヌータヤルヴィのガラス工場で生まれました。

オイヴァ・トイッカはフィンランドデザインの黄金時代を代表するデザイナーの一人です。彼はユーモアに溢れかつクリエイティブなマインドで有名であったにも関わらず常に反逆的な事が好きであり、それがデザインに現れていました。

「私はガラスは壊れるから好きだ、そして試作品で失敗したものも捨てずにとっておく事がある、なぜならそれは新しいインスピレーションを与えてくれるから」

オイヴァはデザイナーでありましたが、良くガラス工場に足を運び、ガラス吹き職人の仕事を眺めていることで有名でした。そしてそのような観察からバードは生まれてきました。職人がとても熱いガラスの塊をスティックの先で操っている時、その丸くて重たそうなガラスの塊はまさしく鳥に見えてきました。そしてガラスの塊はスティックから切り離されますが、その時まさしくオイヴァはガラスの塊を鳥の体と見立てたのです。その後、鳥の首の部分とすこしのガラスを使って頭の部分が取り付けられます。そして多くの鳥達は偶然の産物でした。とてもうるさい工場の中ではガラス職人がオイヴァの指示を聞き取る事ができず、失敗してしまったもののなかから生まれてきたバードもたくさんありました。

バードを作る作業はオイヴァ自身と職人や同僚にとってとても面白い作業でした。なぜならそれによった新しいテクニックを発見したり、あたらしいクリエイティブなアイデアを出す事ができたからです。バードシリーズはフィンランドのイッタラの工場ですべて手作りでできています。それはまさしくフィンランドのクラフトマンシップを現す作品のひとつです。

最初のバードのモデルは1971年に発表された「シエッポ Sieppo」でした。シエッポはいろいろなカラー展開で生産され、その年からいろいろなバードシリーズが毎年生まれてきました。現在ではとても大きなコレクションとなっており、400ものシリーズが存在しています。それぞれのバードはガラス職人の手作りで彼らのサインが作品には施してあります。

このオイヴァを代表するシリーズは年を追うごとにその価値を高めています。このシリーズを下のイメージに纏めてみましたが、これらは全てを網羅するものではありません。ですが、とても大きな長く続くシリーズである事が分かって頂けると思います。最新のバードシリーズはラクラ(Lakla) 2015となっています。

Birds Collage

‘Birds by Oiva Toikka’ is one of the most famous Finnish design classics of all time. The history of the ‘Birds’ started in 1973 in Nuutajarvi Glass Factory, where Oiva Toikka was working alongside Kaj Franck – his mentor, friend and a beloved colleague.

Oiva Toikka is one of the geniuses of the Golden Age of Finnish design. The designer the is mostly known for his humor, his endless imagination and creativity – not to forget Oiva’s love for a little anarchy. “I like the fact that glass breaks. I often keep the unsuccessful prototypes, because sometimes they provide me with a new inspiration”, says Toikka.

Oiva Toikka is also known for his habit of staying in the glass factory and watching the glass blowers do theirs job – and in a similar fashion, the idea for the birds was born. Oiva got the idea for the birds as he watched the glassblowers handle hot glass mass on top of a stick: the round, heavy part of the mass started to resemble a bird’s body. And when the glass mass was removed from the stick, an apparent bird neck was born! The neck was then cut sharp with scissors, and small amount of glass mass was added to make the bird’s head. Many of the Birds were actually born from accidents – the glass factory is very noisy, and sometimes the glassblowers didn’t hear the instructions of Oiva Toikka correctly – these fortunate accidents then contributed to new, interesting models.

Making the Birds proved to be a fun process for Oiva and his colleagues, providing a framework to test out new production techniques and push one’s creativity. Each bird is hand-blown in the Iittala Factory in Finland, representing Finnish craftsmanship at its best.

The first ever Bird model to the Finnish market was ‘Sieppo’, (Flycatcher) designed in 1971. Sieppo was produced in various colors. Since then, a new bird has been produced every year to the ever-growing collection. There are currently over 400 bird models created; each bird is truly a unique individual that is signed by the artist (the glassblower) himself.

The ‘Birds by Oiva Toikka’ are immensely popular gifts and collectors items that increase in value each year. Below you can find an overlook of ‘the Birds by Oiva Toikka’ collection. This is of course not a comprehensive list, but we hope it will give you an idea of our beloved ‘Birds’. The latest bird is ‘Lakla’ (Annual bird 2015).

Sources: Nuutajarvi – 200 years of Finnish Glass. Kaleva (16 Feb 2007). www.iittala.com http://toikka.kokoelma.fi/toikka.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です