リュイユ テクスタイル – Ryijy

フィンランドのリュイユ(Ryijy) について聞いた事があるでしょうか?

リュイユとはフィンランドのアートテクスタイル(タペストリー、クロスラグ)で、緩く織り糸を縫い合わせた柔らかく不思議な触り心地を持ったテクスタイルです。リュイユの名前の起源はスカンジナビアの言葉で「厚いクロス」を意味する「rya」から来ています。リュイユを作る技法はモロッコもしくはペルシャ絨毯と似ているとも言われます(リュイユの方は細かい縫い方ではありません)

フィンランドの他のハンドクラフト製品(例えばラシュマットräsymatto)と同じように最近このリュイユにも人気が出て来ています。リュイユはもともと壁に掛けるウォールアートですが、そのカラーや暖かさ、ノスタルジックな雰囲気はブラックとホワイトなモノトーンのインテリアに程よいアクセントを付けてくれます。特に60年代〜70年代のブライトなカラーリングとレトロなモチーフには人気が集まっています。

もしインテリアにアクセントを付けたいなら、リュイユも一つの選択肢です。

Have you ever heard of ‘ryijy’? Ryijy is a Finnish art textile (a tapestry or a cloth rug) that is made of sparsely knotted yarn strips that create a soft, interesting surface. The name ‘ryijy’ originated with the Scandinavian word ‘rya’, which means ‘thick cloth’. The technique of ‘ryijy’ resembles the making of Moroccon or Persian rugs (although in ‘ryijy’, the yarn is thicker and longer, and knotted more sparsely to the base fabric).

Just like many of our other traditional handicrafts (like ‘räsymatto’, for example), ‘Ryijy’ is making a big comeback in the modern Finnish interior. ‘Ryijy’ is typically a wall-hanging art, and a big piece can give splash of warmth, color and nostalgia to any black and white minimalistic room. Especially brightly colored ‘ryijy’s’ with 1960-70s retro motifs are particularly popular.

What do you think of ‘ryijy’? Would you like to have one in your own living room?

Ryijy collage