スポンサー

ジャコウネズミ- Piisamirotta – Muskrat




ブラウン・グレーの色をしたジャコウネズミ(英語:ムスカラット)はとても特徴のある眉毛と口ひげを蓄えたキャラクターです。小さなトロールと大きな洪水(The Moomins and the Great Flood)でムーミンパパが橋を立てた際、ジャコウネズミの家が壊れてしまったため、ジャコウネズミは一時期ムーミンたちと暮らしています。その後は洞窟に住み始めます。

ジャコウネズミは哲学者で、人生に対してとても悲観的でした。彼にとって幸せか苦しむか、生きるか死ぬかはどちらでもよくて、悪い事が起きるときは起きるものだと言っています。

哲学者として彼はドイツの哲学者オズヴァルド・シュペングラーの本を読んでいすが、これはトーベ・ヤンソンの生涯を通して友人であったアモス・ヴィルタネン(Amos Virtanen)が1940年代に読んでいた本と同じものでした。

ジャコウネズミは予言者の様に新しく起きる事を細かく予言することができました。小さなトロールと大きな洪水(The Moomins and the Great Flood)では彗星がムーミン谷に近づいていている事を予言します。さらにその彗星はムーミンママのガーデンのすぐとなりにぶつかるとも予言します。ムーミンとスニッフたちはロンリーマウンテン(おさびし山)に行き天文台の教授達に彗星について聞きにいきます。実際に天文台にいってみると本当に彗星は近づいて来ているのが分かりました。

ムーミンとスニッフは最後にムーミン谷に帰って他の住人に彗星が近づいている事を知らせます。最終的には彗星はムーミン谷に衝突せず、かろうじて被害を免れます。ジャコウネズミは自分の予言があたらずとても残念がりますが、干上がった海はまた水で満たされ、ムーミン谷の住人は楽しくダンスをするのでした。

 

A brown-grey colored Muskrat is a little fellow with impressive eyebrows and a mustache. Muskrat comes to live with the Moomins in the blue Moomin house, because his own house had been destroyed due to Moominpappa’s bridge building project nearby (The Moomins and the Great Flood, 小さなトロールと大きな洪水). Later on Muskrat starts to live in a cave.

Muskrat is a philosopher, with a rather pessimistic outlook on life. For Muskrat, it is all the same whether he is happy or whether he suffers, whether he stays alive or dies. ‘I don’t care one way or another, even if something terrible is going to happen, it will happen no matter what’, says Muskrat. As a philosopher Muskrat reads books by a German Philosopher Oswald Spengler – the same books that Tove Jansson’s real-life boyfriend, communist writer Amos Virtanen, used to read in the 1940s.

Muskrat has a special gift – he is able to foresee upcoming events with great detail, like a prophet. In ‘The Moomins and the Great Flood (小さなトロールと大きな洪水), Muskrat foresees that a comet is approaching Moominvalley, bringing out great destruction. Muskrat tells Moominmamma that the comet is going to hit ground right in the middle of her garden – how terrible! Moomintroll and Sniff head out to the Lonely Mountains to talk with the professors of the observatory and to find out more about the comet. Once Moomintroll and Sniff get to the observatory, their suspicions are confirmed – a comet is indeed approaching!

Moomintroll and Sniff end up in many adventurers together. Finally they become in a hurry to return to Moominvalley, in order to warn other Moominvalley residents of the comet. In the end the comet does not hit ground, and Moominvalley is saved from destruction. The comet passes Moominvalley just barely. Muskrat is disappointed that his prophecy did not come true. The sea that had dried up is filled with water again, and the residents of Moominvalley dance happily.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.
Copyright pictures: © Moomin Characters.
images images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です