竜のエドワード Edward the Doodle

竜のエドワード(ドードーのエドワード)は海にすむ竜のような巨大なムーミン谷の生き物です。その昔に絶滅した羽がなく恐竜に似た鳥を思い出させる姿で、普段は海に住んでいますが陸を歩く事もできます。実物の?エドワードを見るなら写真にあるようにナーンタリのムーミンワールドに行けば会う事ができます。

エドワードは普段からとても機嫌が悪いのですが、わざといつも苛立っている悪い生き物ではありません。とても体が大きいので間違ってムーミン谷の小さな生き物たちを踏み殺してしまいますが、その場合は葬式代を支払ったりする優しい一面も持ち合わせています。

もちろんエドワードはムーミンたちにとって役に立つ場合も多くありました。エドワードが悪さをしたり、問題を起こすムーミン谷の生き物を踏み殺すのはムーミンたちにとってとても良い事でした。

またムーミンストーリーで最も彼が活躍するのは‘Exploits of Moominpappa’ (ムーミンパパの思い出)の中でです。ムーミンパパが船で旅に出ようとし、川から海に船を動かさないといけませんでしたが、彼らでは船を動かす事ができませんでした。ところが、エドワードが海に入った瞬間、水は溢れ、ムーミンパパのボートを海へ運んでくれたのです! そしてムーミンパパは旅に出る事ができました。

Edward the Doodle is a giant dragon-like creature of Moomivalley, who lives in the sea. Edward the Doodle reminds us of extinct bird-like dinosaurs that don’t have wings. Even though Edward typically lives in the sea, he is known to be able to move on ground, too. If you want to seer a real-life Edward the Doodle, visit Moominworld in Naantali, Finland (see picture below).

Edward the Doodle of Moominvalley is usually in a bad mood, but he is never vicious on purpose. Because Edward is so gigantic, he sometimes cannot help but step on some smaller creatures of Moominvalley. But there is a kind side too in Edward – if another creature dies because of him, Edward the Doodle is always willing to pay for the funeral costs.

Edward the Doodle sometimes comes in handy for the Moomins. If Edwards steps on and kills some vicious or troublesome creatures, it is for the benefit of all. One of the most famous stories concerning Edward the Doodle is portrayed in the original Moomin book  ‘Exploits of Moominpappa’ (ムーミンパパの思い出). In this book,  Moominpappa is about to embark on a boat trip and there is a need to move Moominpappa’s boat from river into the sea. The Moomins have great trouble to move the boat by themselves, but as when Edward steps into the water, the water overflows and the boat gets transported to the sea. And so can Moominpappa’s trip begin!

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia. www.moomin.com.

111 Edward collage