ヨイク・サーミ人の歌 Joiku

モイ!

みなさん、こんにちわ。ヨイク(Joiku)について聞いた事はありますか?ヨイクとはラップランドに住むサーミ人が歌う伝統的な歌の事です。インターネットやYou tubeなどでヨイクのクリップを聞く事ができますが、とてもパワフルでスピリチュアル、そしてリラックスできる歌だと思います。伝統的にヨイクは楽器やその他の演奏を伴わず歌だけでしたが、現代ではドラムなど色々な楽器の演奏に合わせて歌うのがポピュラーになっています。

ヨイクはサーミ人の文化の中にあります。口承では北極に住む妖精たちがサーミ人にヨイクを与えたとされており、ヨーロッパ大陸の中でも最も古い民族音楽の1つです。例えるならネイティブアインディアンの歌に似たものがあります。ヨイクは通常、特定の人や動物、場所のために作られました。そして歌い手や観客にそれらを思い出させるのです。

今日においてもトナカイの群れを飼っているラップランドの人々に受け継がれていますが、私達のような普通のフィンランド人でも色々なフェスティバル等で楽しむことが出来ます。

最後に私の最もすきなヨイクでAngelit (元々はAngelin tytöt)のクリップのリンクを貼りますので聞いてみてください!

 

Have you ever heard of Joiku? Joiku is the traditional singing of Sami people of Lapland. These days I have been watching Joiku clips on Youtube, and the singing is powerful, spiritual, relaxing and meditative. Joiku reminds us of magical, traditional spells. Traditionally Joiku was only performed by singing with no accompanying instruments, but the modern Jouku is often performed with musical instruments like drums as well.

Joiku is an integral part of the Sami culture. According to the oral tradition, the fairies and elves of the arctic land gave Joiku to the Sami People. Joiku is one of the oldest and longest living music traditions in the whole of Europe, and resembles quite much the singing of Native Americans, for example. In the Sami tradition, a specific Joiku was originally always created for a particular person, animal or location – to remind the singer and the listeners of a certain person, for example.

Today, the Joiku tradition is still kept alive among the reindeer herders of Lapland, who wander the mountains with their herd. Of course, us regular listeners get to enjoy Joiku in various events and festivals in Finland. Here is a few of my favourite clips of modern Joiku by a group called ‘Angelit’ (previously called Angelin tytöt).

Sources: Wikipedia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です