アフリカン タヒティ Afrikan Tähti – iconic Finnish board game since 1951!

フィンランド人は家族や親戚で集まった時にはよくボードゲームをします。今ではだんだんとボードゲームをやる事は少なくなって来ていますが、特にクリスマスシーズンなど家族が集まる時には未だ活躍するクラシックなゲーム達です。もともとこれらのボードゲームは私達のおばあさんの時代、つまり60年代あたりに人気が出て来て、その時代に買われ今日まで大事に使われているのです。

フィンランドで最も有名なボードゲームといえば「アフリカン・タヒティ (Afrikan Tähti)」で1951年にカリ・マンネルラ (Kari Mannerla)によってデザインされました。アフリカンタヒティとはアフリカのスター!という意味です。このゲームはフィンランドで最も売れたボードゲームでフィンランド人の誰に聞いたも一度はゲームをした事があると言うでしょう。

ゲーム自体は60年以上も前にデザインされ、そのデザインはいまも受け継がれています。さらにこのアフリカンタヒティはフィンランド国立博物館のコレクションにも入っているのです!ボードゲームとしてはかなりの偉業のように思えます。さらに、ゲームは世界中で販売され、6つの言語に翻訳もされました。

ゲームのアイデアはカリ・マンネルラがまだ若い頃、アフリカ大陸の英語の地図を買い、その後アフリカには一番大きなダイアモンドがあると聞いた事から始まります。アフリカ大陸の勉強を少しした後、彼はエキサイティングな都市の名前を選び、それらを船や飛行機で結びました。ゲームのアイデアはサイコロを転がし一番大きなダイアモンドを探して自分のホームタウンに戻ってくるというものです。もちろん、途中で色々なダイアモンドをゲットする事もできますが、下のイメージにあるように泥棒などにも会ってしまい、全てのお金を取られたりもします。

もしチャンスがあれば是非トライしてみてください!

 

 

We Finns are great board game lovers. We typically take out a board game any time we want to spend quality time with our families – Christmastime is often the busiest season! And the games we play are usually classic games that often were first purchased by our grandmothers. My family has also games that my mother used to play in her childhood in the 1960s, and the game set that we use today is still exactly the same set as decades ago.

 

The most iconic Finnish board games is ‘Afrikan Tähti’, designed in 1951 by Kari Mannerla. ‘Afrikan Tähti‘ (African Star) the most sold board game in Finland of all times, that practically every Finn has played it. Since the game was designed for more than 60 years ago, and the original design is still mostly the same. Did you know that ‘Afrikan Tähti’ board game actually belongs to the collection of Design Museum and the National Museum of Finland? That is a pretty impressive accomplishment for a single game to have. Four million ‘Afrikan Tähti’ board games have been sold world wide, and the game has been translated into 16 different languages.

 

The idea for the game came to young designer Kari Mannerla after he got hold of English map of the African continent, and after he heard about the biggest diamond of Africa. After studying the African map for a while, Kari Mannerla just chose exciting sounding cities and drew road, airplain and boat routes to connect the cities. The basic idea of the game is to move around Africa (by rolling dice) and find the biggest diamond (African star), and then return to the home base. There will be other encounters on the way: other diamonds (that mean more money), or thieves (who take all your money). Now, who is up to some serious board gaming?

Sources: Avotakka (2012)
Afrikan Tahti FB Afrikan Tahti Collage