フィンランドの民族衣装カンサッリスプク Kansallispuku – Finnish Folk Costume

モイ!こんにちは、今日はフィンランドの伝統的な民族衣装カンサリスプクについて紹介したいと思います。カンサリスプク(Kansallispuku) は1800年の後半に生まれ多くの種類があります。典型的なカンサッリスプクは白いシャツ、ベスト、そしてスカート(多くの場合エプロンとの組み合わせ)の組み合わせです。殆どは女性向けの衣装ですが、もちろん男性や子供用の衣装もあります。

カンサリスプクはそれぞれの時代を反映したデザインとなっています。例えば、1970年代のドレスはそれ以前のものより丈が短いです。しかしながらいくつかの変わらないルールがあり、それは白い長いソックスと白い下着はレースや飾り付けがないという事です。

フィンランドのこの民族衣装カンサリスプクで特徴的なのはフィンランド内の地方で特有のデザインがあり、その土地ゆかりの衣類から作られている事です。下のイメージを見てください、ここには3つの地域(Karjala,、Uusimaa、 Pohjanmaa)の衣装を載せてみました。もちろん、衣装は自分の家族のルーツがあるところのものを選びます。

最近ではこの伝統的なカンサリスプクの衣装を保護しようという地域も出てきました。新しいカンサリスプクは歴史的な衣装や調査を元に再現されています。もちろん、今日ではカンサリスプクを着て街を歩く人は殆どいませんが、特別なお祭り等で着られる事が多いです。そしてカンサリスプクが一番最適だと考えられているのはお祝い事ですので、12月6日のフィンランド独立記念日Itsenäisyyspäiväなどでは街で見かけることもできます。

Pohjanmaa Collage Uusimaa collage Karjala collage

 

[inarticle]

 

Hi! Today I would like to talk about traditional Finnish folk costume, ‘Kansallispuku’. The first Finnish ‘Kansallispuku’s were born in the late 1800s, and there are so many variations of them! A typical ‘Kansallispuku consists of a white shirt, a vest, and a skirt that is sometimes combined with an apron. Most ‘Kansallispuku’s are for women, but there are also costumes for men and children.

‘Kansallispuku’ made on different decades show the particular fashion of that specific period. For example dresses made in the 1970s are shorter than dresses from earlier time periods. There are a few strict rules, however – ‘Kansallispuku’ should always be worn with white, long socks, and the white underwear should not have any lace or embellishments.

One of the most typical characteristics of Finnish ‘Kansallispuku’ is that there is no one single ‘Kansallispuku’ of Finland. Instead, each region of Finland has its own ‘Kansallispuku’ – and these regional ‘Kansallispuku’s were born out of the typical garments of that region. Below you can see pictures of ‘Kansallispuku’ of the Karjala, Uusimaa and Pohjanmaa regions. Usually people choose ‘Kansallispuku’ based on the region from where their family comes from.

These days there are societies that protect the authentic ‘Kansallispuku’ traditions. New models of ‘Kansallispuku’ are being made based on historical costume samples and based on historical research. Although today you hardly can see ‘Kansallispuku’ worn on the streets, on some specific festival and festivities, ‘Kansallispuku’ can be common. ‘Kansallispuku’ is also considered the best possible dress for celebrations, especially on ‘Itsenäisyyspäivä’ (Finnish Independence Day celebrated on 6 December).

Sources: Wikipedia. Various other Internet sources.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です