ミーサ – Misabel – Miska

ミーサ(ミサベル)はとても悲観主義で悲しみが纏わり付いているような、ムーミン谷の登場キャラクターです。ミーサは黒いストレートの髪、そして深い額に入ったしわでトーベ・ヤンソンに描かれています。ミーサの悲観主義はとても深いもので、彼女は全ての人は彼女に反対しているもしくは好ましく思っていないと考えていて、たった少し悪い事がおきてもそれは、ミーサの中で大変な出来事になってしまうのです。トーベはミーサをとても自己中心的で、複雑、悲観的で、すべての物に対して罪悪感を持っているよう表現しています。

オリジナルのムーミンコミックではミーサはムーミンたちの家の世話をするキャラクターとして登場します。彼女は誰から話しかけられても、自分の仕事の質が悪かったりミスをしているのではないかと怯えていました。さらに彼女は同じような性格の「Sorry-Oo」という犬を飼っています。

 

Misabel is a tragically sad figure of Moominvalley, who breathes and lives sorrow all around her. Tove Jansson draws Misabel with black, straight hair and with deep wrinkles on her forehead. Misabel’s sorrowfulness and depression is almost comical – she thinks that absolutely everyone is against her. Even little misfortunes end up being massive in Misabel’s mind. Tove Jansson describes Misabel ‘self-centered, complex, suspicious, pathetic and constantly feeling guilty of everything’.

In the original Moomin comics and picture books, Misabel is usually portrayed as the house help of the Moomins. It has been said that Misabel’s initial reaction to anyone talking to her is fear of them complaining about the quality of her work. Misabel has a dog called Sorry-Oo – a sad creature just like his master.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.

Miska collage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です