ニブリング – Tahmatassut – Niblings




ニブリングは大きくてイタズラ好きなグループでその歯でいろんな所をもぐって進む生き物です。もしニブリングが現れるとその周りにあるものは全て壊されると考えていいでしょう。ニブリングは何でも食べる事ができるのです。例えばボートであったりヘムレンの鼻でさえも!あるときはヘムレンのおばさんはニブリング連れ去られてしまいます。ニブリングが立ち去ったあとはネバネバしたのりのようなスライムが残されるだけで、彼らが集団でやって来たときには誰もなにもする事はできないのです。

ニブリングは1人でいるのを嫌うので、出会った人の後をつけて来ます。ニブリングは他の人たちの秘密を見つける事が得意で、鍵穴から中を覗いたり、窓越しスパイを働いたり、箱の中に入ったり、マットレスの下をチェックしたりもします。ムーミン谷の住人も誰もニブリングを好きではなく、どこかにやってしまいたいと思っています。こんなキャラクターですが、私は何となく憎めないなと思ってしまいます。

Niblings are a large, mischievous group that sinks their teeth into anything that comes their way. When the Niblings arrive, it means that a full-blown destruction is on its way – Niblings eat whatever they can get their hands on. They have known to eat the boats, and even Hemulen’s nose! Once Hemulen’s Aunt disappeared as Niblings took her away. When Niblings go away, all they leave is a sticky glue-like slime behind. When the Niblings come in a group of thousands, there is nothing anybody can do.

Niblings hate being alone, and they usually just keep following whomever they encounter. Niblings are great at finding out other people’s secrets, and they peek through keyholes, spy through windows, go through boxes and check under mattresses. Nobody really likes Niblings, as you would just like to send them away.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.

Tahmatassu eyecatcher

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です