カンテレ Kantele

カンテレ (Kantele)とはフィンランドの昔から伝わる伝統的な弦楽器で、5本〜40本の弦を使用します。カンテレは千年以上も前から存在しており、フィンランドだけではなくロシアやバルト海の国々にも似たような楽器が存在していた事が確認されています。カンテレは日本の琴、三味線に似ています。

カンテレはフィンランド文化で一つの重要なシンボルです。国民的叙情詩のカレヴァラでは老賢者ヴァイナモイネンが樺の木と魚の骨を使ってカンテレを作り、弦は馬のしっぽを使ったとされています。彼はこの神秘的な楽器を使う事で、全ての世界に魔法をかける事ができたのです。

そして最近はカンテレが再び注目を浴びています。エレクトリックのカンテレ(エレキギターのカンテレ版を想像してください)やアングリーバードでデコレーションされたカンテレなど。伝統的な音楽で使われる楽器ではありますが、最近のモダンな音楽にも取り込まれるようになりました。下のリンクにあるようなロック好きそうな男性もカンテレを弾いています!

Kantele – a Finnish string instrument on a wooden base – is an ancient and mystical instrument. A Finnish Kantele has typically 5 to 40 strings. Kantele dates back even thousands of years, and there are actually similar kind of string instruments found in other parts of the world, too. Particularly in Russia and in the Baltic countries there are instruments that resemble very much the Finnish Kantele. Kantele also reminds me a little of Japanese Samisen – although unlike samisen, Kantele is played with both hands while placed horizontally on a flat surface.

Kantele is a symbol of authentic Finnish culture. In Kalevala, our national epic story, Vainamoinen builds a Kantele using fish bone and birch wood. Vainamoinen takes the strings from horse’s tail. And so is a magical instrument born! With his magical Kantele playing, Vainamoinen was able to cast a spell on the entire world.

These days Kantele is thriving again! New instruments are being built constantly, even electric Kantele and modern Kantele decorated with Angry Birds! Kantele is being used for performing traditional music as well as modern music. Below I have attached a Youtube clip showing Kantele playing – please enjoy!

Sources: Wikipedia. www.viulunrakentaja.fi

Kantele collage