Astiankuivauskaappi 食器乾燥棚

今日本では結婚後の女性の会社復帰等が取りざたされていますが、女性の多くが男性と同じように社会で活躍するため、フィンランドでは1930年代からその活動が始まっていました。

1930年代〜40年代にかけてフィンランドでは女性が結婚・出産後もより会社で働けるよう、家事の負担を少なくするような動き、活動が多くありました。

例えば1924年に設立された「Work efficiency society」は女性達のため、家事をより効率的に時間を短くできるような方法を研究していました。その中で一つの大きな発明は「Astiankuivauskaappi」でした。アスティアンクイヴァウスカーッピと読み、意味はA Dish Drying Shelf =食器乾燥棚です。これはMaiju Gebhard (1896-1986)という女性によって発明されました。

Astianpesukaappiはシンクの上に置かれた棚、カップボードで底が無い代わりにワイヤーがありそれでお皿を収納できるようになっています。お皿を洗ったら直にこの棚に収納することで、自然と乾かすことができ、拭いたりする必要がありません。1940年代当時に見積もられた主婦の家事に費やす時間は30000時間/生涯!ということでしたが、このAstianpesukaappiを使う事によってそれが半分の15000時間になるとされていました。

Astianpesukaappiの発明は当時のフィンランドの家庭のキッチンに色々な革命をもたらしました。理想的なキッチンはお湯と水があり、オーブンがある事でした。そして1960年代にディッシュウォッシャー(乾燥付き)が浸透し始めたあとでもAstianpesukaappiはあり続けました。いまの家庭にも殆どでこの棚が使われており、これに慣れてしまうととても便利なシステムなのです。

 

In the 1930s-40s Finland, there was need in Finland to free women from the burden of household tasks into more productive office works. A Finnish ‘Work Efficiency Society’ (established in 1924) developed methods to make household work more efficient and less time-consuming for women. One of the best inventions ever was ‘Astiankuivauskaappi’ (A Dish Drying Shelf), invented by Maiju Gebhard (1944-1945).

 

‘Astianpesukaappi’ is a system where the cupboard above the sink is open at the bottom, but the lowest shelf has a wired plate holder. So, when you are doing your dishes, you place the wet dishes vertically into the shelf plate holder right after rinsing. Because the bottom is open and air can run through freely, the dishes dry up by themselves! No need to take out your towels and dry each and every plate with your hands. According to a calculation made in the 1940s, an average housewife spends about 30 000 hours during her lifetime to wash and dry dishes – and with ‘Astianpesukaappi’ that does the drying automatically (as the air runs through freely), the women’s’ work time was reduced to half (to 15 000 hours in one’s lifetime).

The invention of ‘Astianpesukaappi’ started a revolution in the Finnish kitchen. An ideal kitchen came to have warm and cold water, an electric stove, and modern kitchen furniture. Even though the first dishwasher machines came to Finnish homes already in the 1960s (with a drying function), the Astianpesukaappi was there to stay! Even today, ‘Astianpesukaappi’ is still present in practically every single Finnish home – it is so convenient and efficient that we just can’t live without it!

Sources: Deco magazine (February 2013), Avotakka magazine (November 2012).

Astiankuivauskaappi collage Astianpesukaappi FB