Äitiyspakkaus フィンランドのマタニティーボックス

フィンランドのマタニティーパック アイティウスパッカウス ‘Äitiyspakkaus’

アイティウスパッカウス(Äitiyspakkaus) とはフィンランドの国から送られるマタニティー、育児パッケージの事です。最近このサポートが色々な国で脚光を浴びてきました。もしかするとこのパッケージの箱の中で眠るフィンランドの赤ちゃんの写真を見た事があるかもしれせん。このマタニティーパックは1930年代から続くフィンランドの伝統で多くの母親が利用しているサービスです。もちろん、私の母親もこの新生児パッケージを利用したみたいです。そしてこのアイティパッカウスは毛布を敷くと新生児の赤ちゃんが眠る事のできるぴったりのサイズに作られています。

アイティウスパッカウス、この育児パッケージはフィンランドの経済的に恵まれない母親のため、1930年代に始まりました。このサポートは1930年代に高かった新生児死亡率を引き下げる事に大変役立ちました。1949年にフィンランド政府はこのサービスを収入状況に関わらず、すべての母親に提供するサービスとしました。

初期のマタニティーボックスには白い新生児服が含まれています。これは戦前・戦後の典型的なスタイルです。1980年代に入って色々なカラーの服が登場します。でもこのころにまだピンクやブルーの服はなく、男の子、女の子でも両方が使う事のできるターコイズやブラウン、グレーの服が入っていました。当時人気のあったアイテムにはバスタブがありました。

今日のアイティウスパッカウスはオールシーズンの服が入っています。フィンランドの寒い冬に耐えることのできる厚手のオーバーオールから夏用の服まで。またベッドやバス用のアイテム、例えばシーツ、ブランケット、バスタオルがあり、そこに歯ブラシやヘアブラシ、クリーム等が入っています。

そして、新生児用のおもちゃや絵本があり、赤ちゃんだけではなくママのためのサニティータオルやブラパッド、さらには親としても心得ガイド!もはいっているのです。(赤ちゃんだけではなく、ちゃんと親の事も考えられているんです!)

これらパッケージに含まれるアイテムは毎年変わります。それは実際に使ったユーザーなどから聞き取り調査を行い決められます。2015年には体温計がパッケージに含まれました。これは長い間要望があったアイテムです。2016年のパッケージには56個のアイテムが含まれています。

Aitiyspakkaus collage

アイティパッカウスはとても人気があり2016年5月にはフィンランド政府はアイティパッカウス絵文字!?(スマホやソーシャルメディア用に)をリリースするみたいです。

Aitiyspakkaus Emoji

Aitiyspakkaus Emoji

パッケージの中身も変わりますが、中に入っている服等もとてもキュートでデザインに優れたものになっています。そのため、多くのママとパパは楽しみにこの国からのギフトを待ち望んでいます。実際にその年のパッケージが発表されると色々な意見がインターネットやソーシャルで飛び交うようです。

さらに2013年にはフィンランドの正式なマタニティーの贈り物としてDuke and Ducchess of Cambridge、つまり英国のウィリアムとケイトの最初の赤ちゃんプリンスジョージのため送られました。もちろんこれは初めてではなく、それ以外にもスウェーデンのプリンス ヴィクトリアも彼女の赤ちゃんエステルが生まれた際にフィンランドからパッケージを受け取っています。

私にもアイティパッカウス、このマタニティーパッケージの思い出が沢山あります。1980年代に、私の弟が生まれた時にこのパッケージを母親が使っていました。当時はあまりフィンランドデザインの洋服はなくより実用的なアイテムが多かったようです。(いまだと沢山のフィンランドデザインが含まれていてとてもおしゃれなアイテムになっています)

私の日本に住んでいて一つの後悔はこのマタニティーボックスを受け取る事ができなかったことです。二人の子供がいますが、外国に住んでいるフィンランド人は残念ながらこのサービスを受ける事ができません。そしてこのマタニティーパッケージを作っている会社もパッケージを販売することは禁止されているので、私の母親がフィンランドで購入して、日本に送ることもできないのです。

でも最近とても面白いサービスがフィンランドで始まりました。これら海外からの需要にも答えるため、フィニッシュベイビーボックス(http://www.finnishbabybox.co)という、マタニティーパッケージを販売する会社がフィンランドで立ち上がりました。

フィンランドの父親である3人組が作ったとてもおしゃれでかわいいパッケージです。日本への販売もあるようですので、興味のある方はプレゼントやもちろんご自身のためにも購入してみてはどうでしょうか?


 

‘Äitiyspakkaus’ – or the Finnish State Maternity Package – is one of the most talked about topics in Japan and internationally at this very moment. Many of you have seen pictures Finnish newborns sleeping in the actual ‘Äitiyspakkaus’ carton boxes – this is a decades-long tradition that many Finnish mothers are still keeping up with today. The ‘Äitiyspakkaus’ carton boxes are a perfect size for small newborns, and after mommies add proper bedding and blankets, Finnish babies love to sleep in them. Genius!

‘Äitiyspakkaus’ dates back to a Finnish non-profit that started collecting baby items in the 1930s, to distribute them to under-privileged expectant mothers. Soon Finnish state took the idea, and started giving official state assistance to under-privileged mothers as of 1937. The assistance was very important in fighting the high Finnish infant mortality rates of the 1930s. The maternity assistance became available for all Finnish mothers in 1949, unrelated to ones income.

The earliest ‘Äitiyspakkaus’ included white baby clothes that were the typical baby-clothing trend in the pre- and post war periods. It was only in the 1980s that ‘Äitiyspakkaus’ baby clothes started to see some color – however, pinks and blues could not be found. Instead, ‘Äitiyspakkaus’ smartly included colors suitable for both boys and girls, such as turquoise, brown and grey, as you could not know in advance whether the baby would be a girl or a boy. In the early decades, the most popular item in the package was bathtub.

 

The interesting thing about ‘Äitiyspakkaus’ is how much the package reflects the knowledge of childcare and child and parent health of each time period. For example, in the 1930s, ‘Äitiyspakkaus’ recommended to supplement breast milk with sugar water, whereas our current knowledge prohibits giving sugar to small babies as sugar is considered harmful (instead, plain water is recommended). Chemicals used in the baby clothing have also become increasingly environmentally and baby friendly as textile technology has improved. The functionality, convenience and usability of all items have also dramatically improved over decades.

 

‘Äitiyspakkaus’ today includes clothing for all seasons of Finland, ranging from thick outdoor overalls for the coldest winter months to the body suits for warm summer days. Included in the package are also bedding and bathing items (sheets, blankets, bath towel), the usual baby care items (toothbrush, hairbrush, nail scissors, creams), developmental items (soft toy and a book for baby) and items for parents (sanitary towels and bra pads, and even a relationship guide for parents!). Items are changed or added every year, and selection for the new package is always done based on carefully listening to the experiences of families. In 2015 a thermometer (for measuring baby body temperature) was added – a hugely awaited addition. The latest 2016 package includes 56 different products. ‘Äitiyspakkaus’ is actually so popular right now that in May 2016 the Finnish state will release an official ‘Äitiyspakkaus’ Emoji (for smart phone communication and social media)!

The contents of ‘Äitiyspakkaus’ are changed about once a year. A new package is taken as the old one becomes ‘sold out’. In recent years ‘Äitiyspakkaus’ has been transformed into a design object in itself with very cute clothing patterns – and therefore the publication of the new box is always a highly awaited event among expectant mothers and fathers alike. As soon as the new maternity box is revealed, opinions fly high and low all over the social media. But usually Finnish mothers are very grateful and happy to receive this well-anticipated gift – it is a decade-long tradition, after all.

In year 2013, the official Finnish state maternity package was given to Duke and Duchess of Cambridge, William and Kate after their first child, Prince George was born. But this was not the first time that ‘Äitiyspakkaus’ was send abroad to foreign royalty – for example, Princess Victoria of Sweden has received Finnish ‘Äitiyspakkaus’ as a gift after Princess Estelle was born.

My personal experience of ‘Äitiyspakkaus’ is from my childhood in the 1980s, as well as from early 1990s as my little brother was born. In those decades, the items were colorful but not as full of ‘Finnish design’ as they are today, and expectant mothers (like my own mother) received the gift  from a practical point of you. Surely enough, mothers in the 1980s were not debating clothing patterns of ‘Äitiyspakkaus’, unlike Finnish mothers of today.

My only deep regret is that as I live permanently abroad and as both of my boys were born in Japan, I haven’t been qualified to receive ‘Äitiyspakkaus’. Only expectant mothers and adoptive mothers that are currently living in Finland are qualified. And to make matters worse, the manufacturer of the official ‘Äitiyspakkaus’ cannot sell the package at all – it strictly meant as a free benefit for mothers living in Finland. Luckily a new company has come up to answer the demand. If you want to buy your own ‘Äitiyspakkaus’, you can buy a package that is very similar to the official ‘Äitiyspakkaus’ here: http://www.finnishbabybox.co/

Sources: Wikipedia, Yle, BBC, various other Internet sources.