フィンランドのスポーツモルック- Mölkky

モルック「Mölkky」とはここ最近、とても人気が出て来ているフィンランドのスポーツです。モルックとはボウリングをイメージして貰えると分かりやすいですが、それよりもよりシンプルなルールです。すごく強靭な体力は必要ないため、大人から子供まで多くの人が楽しむ事ができます。モルックは典型的な夏のサマーコテージスポーツでしたが、いまでは色々なアウトドアでプレイされています。モルックを楽しむために必要なものは木製の道具と少しの練習と運、そして一緒にそれを楽しむ仲間です。

モルックはフィンランドのパイヤット−ハメ (Päijät-Häme)という地域で始まり、ゲーム自体は何世紀にも渡って続けれてきました。モルックはキイッカ(Kyykkä)と呼ばれるフィンランドのスポーツの要素が取り込まれており、フィンランドのパインや白樺の木で作られたピンを使ってプレイします。

最近ではモルックのセットは97%が海外向けに作られ、3%のみがフィンランド国内向けに販売され、特にフランスで盛んになっているようです。もともとフランスにはフィンランドからの交換留学生がモルックを持ち込み広まりました。また現在ではモルックの販売店がフランスにはあり、年間12万個のモルックのゲームセットが販売されています。

モルックがなぜフランスで人気があるかについては、ペタング(Petangue)と呼ばれるモルックにとても似たゲームが人気があるためのようです。またフランスだけではなく、ベルギー、スイス、ドイツ、そして日本やスウェーデン、ノルウェーで広まっています。Mölkkyとはゲームの商標で、フィンランドのタクテック Oy社 (Tactic Oy)が販売を管理しています。(www.tactic.net)

The Rules of Mölkky モルックのルールは!?

モルックには12本の木製のピンがあり、それぞれに1〜12までの番号がふってあります。12本のピンは纏められ、プレイヤーの3〜4メートル手前に並べられます。プレーヤーはその12本めがけて一つのピンを投げて、それらを倒します。(投げ方はアンダースローのみです)

もし6番のピンを倒したら6ポイント獲得。もし5番と3番両方のピンを倒した場合は両方を足して8ポイントゲットです。獲得したポイントは黒板にスコアを付けられ、プレーヤーが50ポイント(ぴったり)を獲得したら勝ちとなります。もし50以上の点数になった場合はダーツなどと同じように、25点から再会となります。もし、3回連続でどのピンにも当たらなかった場合はその時点で失格となり、ゲームから去らなければなりません。

もし日本でモルックを試してみたい方は日本モルック協会!(Japan Mölkky Association)へ問い合わせてみては如何でしょうか? 先日の横浜の象の鼻テラスの会場でデモをやられていました。メンバーも沢山いらっしゃるようで、定期的に試合などを行われています。

 

Mölkky is a fun Finnish outdoors game whose popularity has exploded in recent years – both in Finland and internationally. Mölkky is kind of like bowling, but much simpler. As the game does not require advanced physical or tactical skills, Mölkky is suitable for both adults and kids alike – you just throw a wooden pin and try to knock down other wooden pins. Mölkky is a typical summer cottage game, but in recent years Mölkky can be seen enjoyed practically in any outdoors area. To play Mölkky, you just need very simple wooden equipment, a bit of skill and luck, and great company to play it with!

Mölkky originated in the Päijät-Häme region of Finland, where the game has been played for centuries. Mölkky as a throwing game developed from another traditional Finnish outdoors game, Kyykkä, although Mölkky is less physical and is easier to play. Mölkky is a Finnish hand-made product, with the pins being made of Finnish pine or birch.

It was quite surprising to know that currently 97% of Mölkky games are being sold abroad, and only 3% are sold in Finland. Mölkky is particularly popular in France; according to some sources, Mölkky originally brought to France by Finnish exchange students who introduced the game there. Today, Mölkky has a proper distributor in France with more than120 000 units sold per year. The popularity of Mölkky in France can partly be explained by the game Petanque (a throwing game similar to Mölkky) that is very popular in France. In recent years, Mölkky has increased in popularity in Belgium and Switzerland as well as in Germany, Japan, Sweden and Norway. Mölkky is a registrated and trademarked game, with a Finnish company Tactic Oy as a distributor (www.tactic.net).

Mölkky has 12 wooden pins that are numbered from 1-12. The 12 pins are placed in a tight group about 3-4 meters away from the player. Players throw a wooden pin at the 12 pins, and try to knock some of the 12 pins down. Mölkky is always thrown underhand.

If you knock down a pin with number 6 on it, you get six points. If you knock down pin with number 5 and pin with number 3, the numbers are added together and you get eight points. The scores of each player is kept written on a scoreboard. Mölkky ends, when one player reaches exactly 50 points (But watch out, if you get more than 50, your score will be knocked back down to 25!). On the other hand, if one player cannot knock down any pins for three times in a row, he or she is out of the game for good.

If you want to try Mölkky in Japan, the Japan Mölkky Association (日本モルック協会) organizes even regulardly. Below are some photos from a recent Mölkky event organized by them, in Zoo-no-Hana Terrace in Yokohama, on 19th-20th March, 2016.

 

Molkky rules Molkky1 Molkky2