Lippakioski – リッパキオスキ

こんにちは!

約80年前にヘルシンキの景観に現れたのは新タイプのアウトドア「キオスク」(Kiosk)でした。私はこのキオスクが大好きで、なぜならそのノスタルジックで可愛らしい小さなビルのためで、ファンは私だけではありません。

たとえばこのLippakioski (リッパキオスキ)にはたくさんのファンがいて、みんなここで飲むコーヒーやアイスクリームを楽しみにしています。

リッパキオスキは二人の建築家グンナー・タウチャー(Gunnar Taucher)とヒルディング・エケルンド (Hilding Ekelund)によって1930年に作られました。ヘルシンキには二つのタイプのリッパキオスキがあり、ひとつは四角で黄色い木でできたキオスク、もう1つは丸くコンクリートで出来たものです。”リッパ”とは「屋根」を意味し黄色いキオスクでは建物から大きくせり出しているためお客さんが並んでいる時にも雨に濡れなくてすみます。両方のスタイルのキオスクはその当時のファンクショナリズムを良く表した建物だと言えます。

今日ではヘルシンキに約20のリッパキオスキが残っています。それらは公園にあったり、トラムラインの側にあったりします。殆どは40年代〜50年代に建てられたものであるため、ヘルシンキ市はこれらを歴史的建造物として保存するよう法律で定めています。

ほとんどのリッパキオスキはアウトドアのカフェとして運営されていますが、殆どが若い起業家達によって運営されています。例えばゲイのオーナーが運営するリッパキオスキはカルフランプイスト(Karhulanpuisto)にあり、フィンランド独特のキャンディーであるサルミアッキ!を出すエトゥートゥーロ(Etu-Töölö)のリッパキオスキもあるんです。またヒッピーのオーナーが運営するキオスキはそのオーダーの色が出たリッパキオスキとなっています。

いずれにせよ、リッパキオスキに言えるのはとても美味しいコーヒーやアイスクリームを楽しめるということです。もし近くヘルシンキを訪れる機会があればぜひリッパキオスキも楽しんでみては如何でしょう!?

About 80 years ago a new type of outdoors kiosk was designed for the Helsinki city landscape. I am totally in love with these nostalgic, quirky little buildings, and I am not alone – Lippakioski’s have plenty of fans. All of us Finns definitely have plenty of memories of grabbing coffee and ice cream from Lippakioski in the summertime.

Lippakioski was originally designed by architects Gunnar Taucher and Hilding Ekelund in the 1930s. Helsinki has two different types of Lippakioski: square-type yellow wooden kiosks and round-shaped ones made of concrete. ‘Lippa’ actually means the long ‘roof’ that sticks out the front the yellow wooden kiosks – this is a very functional feature as the long roof protects customers from rain while queuing. Both types of Lippakioski (the square one and the round one) represent functionalism at its best.

Today there are about 20 Lippakioski remaining scattered all over Helsinki. Lippakioski can be often be found in parks as well as alongside major tram lines. Practically all of the still remaining Lippakioski’s today have been built in the 1940s-50s. All of the remaining Lippakioski’s in Helsinki are preserved under law for cultural historic reasons; they must be kept as they are.

Most of the Lippakioski’s are currently used as outdoor cafes, with interesting, young entrepreneurs running them. There is for example a Gay Lippakioski in Karhulanpuisto, a Salmiakki Lippakioski offering black Salty liquorice candy in Etu-Töölö, and some other Lippakioski’s have a hippie-feel in them. But no matter what, you are sure to find the ultimate Lippakioski classics in every single kiosk – those being coffee and ice cream. If you are visiting Helsinki soon, be sure to go and check out Lippakioski!

Sources: nyt.fi 18.7.2014. Wikipedia.

Lippakioski collage