Arabia

アラビアは1873年にスウェーデンの磁器会社Rorstrandによって設立されました。1916年ににRorstrandはアラビアを売却し、その後フィンランドのブランドとなります。

1920年後半から30年代前半までアラビアの製造はアード部門とデイリーウェア部門(日常品)に分かれていました。アート部門はビルガー・カイピアイネンを含む有名なアーティストが所属しており、彼ら全員のユニークな作品がフィンランドのデザインを世界で有名にしました。

アラビアのブランドとしての強みはそれぞれのアーティストが工場構内で働いていたという事です。彼ら個人のアートに加え、大量生産のに深く関わっていたことが、陶器会社としてのアラビアに多大なアドバンテージをもたらしました。

1930年代、アラビアのデイリーウェア部門は今日のアラビアのコアバリューを形づけるファンクショナリズムに多大な影響を受けました。ユーザビリティ、つまり使い勝手は第一のプライオリティだったのです。例えば、ボールやグラスはすべて重ねる事ができ、すべてのアイテムは小さなキッチンのキャビネットに収まらなければなりませんでした。(当時のキッチンはそんなに大きくありませんでした)もちろんそれらのアイテムすべては適正な価格付けがしてある事により、幅広い人かアラビアによる美しい毎日の暮らしを体験できるようになっていました。

1930年にアラビアの工場はその他ヨーロッパの陶器工場に先駆け、先端の生産技術を取り入れました。第二次世界大戦が始まったとき、アラビアはヨーロッパ最大の陶器工場であり、終戦後は2000人以上の人々を再度雇用しました。

1940年になるとカイ・フランクがアラビアのヘッドデザイナーになり、その後、オルガ・オソルがアラビアのアート部門を率いるようになりました。その1940年代にはウッラ・プロコペライヤ・ウオシッキネンエステリ・トムラたちの有名なデザイナーがアラビアに所属しました。
そしてカイ・フランクのKiltaやウッラ・プロコペのRuskaシリーズ等無数のアラビアデザインが生まます。

1990年になるとアラビアはよりフリーランスのデザイナーを使用するようになります。それらの中ではステファン・リンドフォーズのEgoシリーズ等が含まれます。

90年代はアラビア内でもムーミンブームが始まった時代でもありました。そして今日ではアラビアはイッタラグループの一員となっています。




Arabia

Arabia was founded in 1873 by a Swedish porcelain company, Rorstrand. In 1916 Rorstand sold Arabia, after which Arabia became fully owned by Finnish people.

Ever since the late 1920s and early 1930s, Arabia`s production was divided into the art division and the daily ware division. The art department hosted many famous artists, including Birger Kaipiainen, all of whom made Finnish design and art known all over the world with their unique pieces. Arabia factory`s strength was that artists were working at the factory premises. In addition to their individual art, the artists were also deeply involved in developing mass production, which gave Arabia a great advantage over other porcelain companies.

In 1930s, Arabia`s daily ware division was strongly influenced by functionalism, which created the Arabia core values that have been carried until today. Usability was the number one value – both bowls and glasses need to be stackable, and all items must fit into small kitchen cabinets (there were no space in kitchens of that time). All items must be reasonably priced as well, so that everyone can afford a little bit of “beautiful every day life”.

In 1930s, Arabia`s factory was pioneering in developing advanced production methods, well ahead of other porcelain factories in Europe. When the world war two started, Arabia was Europe`s biggest porcelain factory, and right after the war Arabia`s factory employed more than 2000 people.

In 1940s, Kaj Franck was assigned as a head designer of Arabia, and a bit later Olga Osol was chosen to lead the Arabia art division. In 1940s, many famous designers, such as Ulla ProcopeRaija Uosikkinen and Esteri Tomula joined Arabia. These resulted in countless Arabia classics including Kaj Franck`s Kilta and Ulla Procope`s Ruska series.

In 1990s Arabia started to use more and more freelance designers, which resulted in series such as Stefan Lindfors` Ego series. 1990s was also a start of the Moomin boom at Arabia, as Moomin products really took off. Today Arabia is a part of the Iittala Group.

Sources: Arabia: Keramiikka, Taide, Teollisuus. (Designmuseo)