Finel フィネル


Notice: Undefined index: HTTP_USER_AGENT in /home/lodsminority/aikapaikka.com/public_html/wp-content/themes/jstork/functions.php on line 370

最近では多くのフィンランドや外国のコレクターはこぞってカラフルなフィネルのエナメルアイテムを探しています。フィネルとは会社ではなくアラビアの中のエナメル製品を生産するブランドです。より正確に言うとアラビアの子会社であるJarvenpaan Emaliです。オリジナルのフィネル製品は製品の裏面にフィネルのマークがありますが、これらの多くはその使用に伴って消えている場合が多く、コレクターはどのモデルを探しているのが、デザインや形状などをよく知っておく必要があります。

Pehtoori恐らく最も有名なフィネルの製品は1957年にアンッティ・ヌルメスニエミによってデザインされたペフトーリ(Pehtoori)のコーヒーポットではないでしょうか。最初のペウトーリは明るい赤でしたが、後に10のカラー展開を持つようになります。ペフトーリはそれまでの古めかしい伝統的なコーヒーポットをよりスタイリッシュでつややかでスマートなポットに変え、それはフィンランドで発売と同時にヒット商品となります。

フィネルの歴史に戻ると、最初のエナメルの製品はお隣のスウェーデンからフィンランドに持ち込まれました。それらの多くブルーやホワイトでフランスのパターンが描かれていました。第一次世界対戦、第二次世界大戦の間はまだフィンランドのエナメル製品は海外からの輸入品でした。1950年代の始めに生産手法の発達により、エナメルの品質は大きく改善し、多くのフィンランドのエナメル工場、Arabia等が市場に参入してきました。エナメルのキッチン用品、ポット、フライパン、コーヒーポット、マグカップやボウル等がフィンランドの家庭に持ち込まれ、またそれらは簡単にかつ奇麗に使う事ができると考えられていました。

その後、1950年代にアラビアはライヤ・ウオッキシネンやエステリ・トムラなど有名なデザイナーを使いエナメルのデザインを始めました。エステリ・トムラによってデザインされた有名なエナメル製品にはタッティ/Tatti (1965-70)、ヴェゲタ/Vegeta (1965-70)、ネプテゥン/Neptun (1965-1970)、ルースカーリ/Ruusukaali、 シンヴオッコ/Sinivuokko、エリサ/Elisa、アウリンゴクッカ/Auringonkukkaなどがあります。

ライヤ・ウオッキシネンのフィネルデザインも多くの素晴らしいデザインがあり、リタリ/Ritari, プナヒルカ / Punahilkka, オリエント/Orient (1965-1970)、 ケウラ/Kehra、 ドミノ/Domino、 リントゥ/Lintuなどがあります。

それらの中で興味深いのはアラビアの多くの人気のあるパターン、タッティ(エステリ・トムラ)やノーアン アルッキ(グンヴォー・オリン-グロンクヴィスト)は陶器とエナメル両方で生産されており同じパターンでキッチンアイテムを収集できるようになっているのです。

これらの有名なデザイナーによってデザインされたフィネル製品ですが、一方で正式にデザイナーが分からない製品も多くあります。それらにはシダン/Sydan 、トントゥ/Tonttu、ロンド/Rondoらのパターンも含まれています。

Esteri Tomula

Esteri Tomula

Raija_Uosikkinen

Raija Uosikkinen

Tatti

Tatti

Vegeta

Vegeta

Neptun

Neptun

Ruusukaali

Ruusukaali

Sinivuokko

Sinivuokko

Elisa

Elisa

Auringonkukka

Auringonkukka

Ritari

Ritari

Punahilkka

Punahilkka

Orient

Orient

Kehra

Kehra

Domino

Domino

Nooan arkki

Nooan arkki

Sydan

Sydan

Tonttu

Tonttu

Rondo

Rondo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Finel

These days Finnish and foreign collectors alike are falling in love with colorful Finel enamel items with great, fun patterns. But what is Finel exactly? Finel is actually not a company, but a brand name under which Arabia (or more accurately, Arabia’s subsidiary Jarvenpaan Emali) produced its enamel goods. Original Finel goods can be spotted by the Finel mark at the bottom of the item; however, in many cases this mark may have disappeared due to the constant use, so collectors must know what they are looking for.

Probably the most famous of all Finel products is Pehtoori coffee pot, designed by Antti Nurmesniemi in 1957. The first Pehtoori was bright red, but later on the original Pehtoori collection came to include ten vibrant colors. Pehtoori totally modernized the old, granny-like designs of traditional coffee pots with its sleek and stylish shape, and the collection was an immediate hit in the Finnish market.

Back in the history, the first enamel goods arrived to Finland from Sweden. They were often blue and white in color and decorated by using imported French patterns. During the first and the second world wars most enamel goods in Finland were still imported from abroad. In the beginning of 1950s enamel quality was drastically improved by better production techniques, and many Finnish enamel factories, including Arabia, started appearing to the market. Enamel kitchen goods – pots and pans, coffee pots, mug cups and bowls – started appearing in virtually every Finnish home as they were generally considered easy to use and easy to keep clean.

In the 1950s that Arabia started to use well-known designers, such as Raija Uosikkinen and Esteri Tomula, to design patterns on its enamel production. The most famous Finel enamel patterns by Esteri Tomula include: Tatti (1965-70), Vegeta (1965-70), Neptun (1965-1970), Ruusukaali, Sinivuokko, Elisa and Auringonkukka. Raija Uosikkinen’s Finel classics on the other hand include many outstanding pieces such as: Ritari, Ruusukaali, Orient (1965-1970), Kehra, Elisa, Domino, and Lintu. It’s quite interesting actually that many of Arabia’s most loved patterns, such as Tatti (Esteri Tomula), Nooan Arkki (Gunvor Olin-Gronqvist), Daisy (Esteri Tomula) were used both in porcelain and in enamel production, making the kitchen item collections nice and complete within the same pattern.

In addition to these great designs made by iconic Arabia designers, there are also many Finel products were the designer is officially not known; these hugely popular unknown classics include patterns such as Sydan (=Heart), Tonttu (=Christmas Elf), and Rondo.

Sources: Emali vie vanhaan aikaan (Turun Sanomat: Jan 2, 2011).