Finlayson


Notice: Undefined index: HTTP_USER_AGENT in /home/lodsminority/aikapaikka.com/public_html/wp-content/themes/jstork/functions.php on line 370

フィンランドの会社であるフィンレイソンは1820年より高品質のテキスタイルを製造しています。フィンレイソンで有名なものは高級ベットシーツやタオルのコレクションであり、フィンランドの家庭では大抵このブランドのいくつかの製品が置いてあるはずです。フィンレイソンはインテリアデコレーション用のテキスタイルも作っており、私の大好きなものの一つです。一番象徴的なデザインパターンはオプティネン オメナ(Optinen Omena)で1973年にピルッコ・ハマーバーグ(Pirkko Hammarberg)がデザインしたものです。私のもう一つの好きなパターンには1971年に発売されたアリヤ・マッティラのOnni – Miljoonasydan があります。

フィンレイソンはジェームス・フィンレイソン(James Finlayson)によって1820年にフィンランドのタンペレにて設立されました。1900年代初め、タンペレの主要な雇用主であり、当時は3300人以上の人を雇い、その敷地内には社員寮や学校、図書館、協会等を備えていました。そして1882年にスカンジナビア地方で最初に電気を使用した工場の一つであったのです。

タンペレ(Tampere)はフィンランドの主要都市のひとつであり、フィンレイソンの工場があるPlevna地方は町の歴史の重要な場所です。Plevnaは町の中心街にあり、現在では工場はありませんが、文化センターとなっています。この建物は当時のインダストリアルな雰囲気を感じ取ることができ大変好きな場所のひとつです。私も大学時代はタンペレで過ごしたため、ここはよく遊んでいた場所で思い出の一つの場所です.

Plevna brown

Finlayson

Finnish company Finlayson has been manufacturing quality textiles since 1820. Finlayson is mostly known for it’s luxury bed sheets and towel collections, and practically every household in Finland has at least a few Finlayson products. Finlayson has also a rich collection of interior decoration textiles, which I particularly adore. One of the iconic Finlayson textile patterns is “Optinen Omena”, which was designed by Pirkko Hammarberg in 1973. Another favourite of mine is the “Onni – Miljoonasydan” print by Arja Mattila in 1971.

Finlayson was established by a gentleman called James Finlayson in 1820 in Tampere, Finland. Finlayson was a major employer in Tampere; in the beginning of 1900s Finlayson employed about 3300 people. At that time the Finlayson factory area also included its own dormitory, school, hospital, library and a church. Finlayson factory was also the first to have electric lights in 1882 in the whole Scandinavia.

Tampere is one of the biggest towns in Finland, and the Finlayson factory area (Plevna) is particularly important to the history of the city. Plevna is situated right in the middle of the city center, and today it is no longer used as a factory but is instead renovated as an important cultural center. I love the building of Plevna as you can really feel the old industrial atmosphere there. It used to be one of my favourite hang-around spots during my university days in Tampere.

Sources: The official Finlayson webpage, wikipedia

Onni Miljoonasydan

Onni Miljoonasydan

Optinen Omena (1970s)

Optinen Omena (1970s)

Finlayson today Finlayson factory Finlayson gate Finlayson atelier