iittala





イッタラはガラス製品の会社として設立され、その歴史は1881年までさかのぼります。その当時、フィンランドには知識と経験を持ち合わせた職人が存在せず、スウェーデンから職人を招聘する必要がありました。

そのイッタラの歴史の中で会社は他の会社との統合等を経験し、1980年にはヌータヤルビガラス工場のほとんどの株を持っていたWartsilaに売却されてしまいます。そして2003年には今日のイッタラグループ—イッタラ製品だけではなくアラビアブランド等も取り扱う会社—として再変遷されたのです。

もっとも有名なイッタラの製品は1936年に発売されたフィンランド人建築家アルヴァ・アールトのアールトベース(サヴォイベース)と呼ばれるガラス製品(花瓶)です。また1956年にイッタラのロゴをデザインしたティモ・サルパネヴァのガラス製品も有名です。オイヴァ・トイッカのガラスの鳥(Glass Birds)もブランドを象徴する作品となっています。

イッタラデザインのイデオロギーとは日常使いの機能性を持った美しい製品を創ることにあります。イッタラは製品の組み合わせを重視する事で、使い捨てのコンシューマリズムに反対しており、ほとんどのイッタラの製品は、新しい・古いにかかわらず、すべて組みあせて使う事でき、美しくかつ、インスパイアされるテーブルセッティングが可能となっています。これまでに発売されたクラシックなデザインのアイテムであっても最新のパターンやデザインとマッチするのはイッタラ独自の本当に素晴らしいコンセプトなのです。

i-logo

i-logo

Timo Sarpaneva

Timo Sarpaneva

Aalto vase

Aalto vase

Birds by Oiva Toikka

Birds by Oiva Toikka

Kartio

Kartio

Alvar Aalto

Alvar Aalto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Iittala

Iittala started as a glassware factory. It’s history can be traced back all to 1881 when the company was established. At the start of the company there were no proper glassware workers in Finland so skilled workforce had to be imported from Sweden in order to get things rolling. Throughout the history iittala had to endure many changes as it merged together with other companies. At the end of the 1980s, Iittala was sold to Wartsila, which owned the greater share of Nuutajarvi glass factory. Further reorganizations followed, and finally in 2003 the company became known as Iittala group, which now controls not only the Iittala brand but also the Arabia Finland brand too.

The most famous Iittala products are the glassware designs of Finnish architect Alvar Aalto, such as the so-called Aalto Vase (or Savoy vase) from 1936, and the glassware items by Timo Sarpaneva. In 1956 Sarpaneva designed the Iittala i-logo. Glass birds by Oiva Toikka are iconic too.

Iittala’s design ideology is to create beautiful every day objects with great funtionability. Iittala is fighting against the throw-away consumerism by focusing on combinability – basically all iittala designs, old and new, can be combined together to create beautiful and inspiring table settings. It’s truly wonderful to see that you can use your existing classics and combine them together with the today’s latest patterns.