marimekko

マリメッコは1951年に伝説的で革命的なアルミ・ラティアという女性によって始められました。60年たったいまでもその強くて、独自のプリントは様々な人に幸福と美しさを与える事で愛されているブランドです。(アルミとマリメッコ初期の話についてはこちらから) マリメッコの成功は情熱、創造性、そして直感的な感性からもたらされました。マイヤ・イソラヴォッコ・エスコリン ヌーメシミエミの二人のデザイナーのパイオニアがマリメッコを形作りました。ヌーメシミエミは赤としろのシンプルなストライプのJokapoika(ヨカポイカ)を1956年にデザインし、イソラはマリメッコの代表的な柄にもなっているUnikko(ウニッコ)のパターンを1964年に発表しました。 マリメッコが国際的に有名になったのは1960年代にJacqueline Kennedyが7つのマリドレスを購入したことから始まります。彼女のおかげでマリメッコのその強いパターンはすぐに有名になったのです。特に1960年代のヒッピームーブメントの後押しもあり、特にインテリな若者たちの間でそのPOPでグラフィカルなプリント柄は人気が出てきます。 そして、マリメッコは生活の様々な分野に進出していきました。ワードローブにある服、ダイニングにあるテーブルクロス、ベットルームのリネンカバーなどなど、特に1960年代にこのような考え方は非常に斬新でした、なぜなら他のブランドは一つの製品にいつも特化していたからです—テーブルウェアの会社はデザインリネンを作らず、ファッションの会社は手テーブルウェアを作りませんでした。 このような事からマリメッコは世界で最初のラフスタイルブランドとして認識されるようになります。

マリメッコのデザインに対するアプローチは妥協をいっさい許さないものでした。マリメッコのデザイナーは自分たちの創りたいものを作り、作るように指示されたものはつくりませんでした。マリメッコの柄・パターンは強く繊細であり、モダンであり伝統的でもあります。もちろん、デザインだけではなく、マリメッコのパターンを過去から現在まで追って見てみるとその変遷やユニークさを見て取る事ができ非常に興味深いです。それらはどれも異なりますが今日のマリメッコブランドとすべて通じるものがあります。

これらのブランドの根底あるイデオロギーはマリメッコのCEOのミカ・イハムオテイアが下記の言葉で説明しています。 ”マリメッコは装うのではなく生活そのもの、また毎日私たちが出会う生活の中の美しさを理解し受け入れる事である”

 

Shop window

Shop window

jacqueline-kennedy-1960

Jacqueline Kennedy

jacqueline kennedy

Jacqueline Kennedy

Marimekko bus

In shanghai

Shop

Marimekko shop

jokapoika

jokapoika

mika-ihamuotila

mika-ihamuotila

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Marimekko was founded in 1951 by a legendary and a radical woman, Armi Ratia. For more than 60 years now, Marimekko has been loved for its strong, original prints bringing beauty and happiness to all aspects of people`s lives. (please read more about Armi and the early stages of Marimekko here).

The success behind Marimekko is passion, freedom of creation and intuition. Two pioneering designers – two strong women – set the tone for Marimekko: Maija Isola and Vuokko Eskolin-Nurmesniemi. Vuokko designed the simply-striped red and white Jokapoika shirt in 1956 and Maija the iconic Unikko (poppy) print pattern in 1964. Marimekko became internationally known in 1960s as Jacqueline Kennedy bought seven Mari-dresses and wore them on magazine covers. Because of Mrs. Kennedy, Marimekko’s bold patterns became instantly known all over the world, and the pop-inspired, graphical prints became popular especially among young intellectuals in the spirit of the hippie movement of 1960s.

Marimekko has always wanted conquer all aspects of life: the wardrobe with its clothes, the dining table with its tableware, the bedroom with its linen collection. In the 1960s this kind of thinking was revolutionary because basically all other brands were focusing on only one category – fashion houses did not do tableware, tableware companies did not design linen, and so on. Marimekko can therefore be considered as one of the first real lifestyle brands in the world.

Marimekko’s approach to design is uncompromising and un-apologizing. Marimekko`s designers create what they want, not what they are told to create. Compromising would never have brought Marimekko where it is today. Marimekko`s patterns can be strong or fragile, modern or traditional, beautiful or ugly. It is truly interesting to see that even if all the Marimekko patterns from past and present are very different from each other and all unique, they somehow fit well together and form the “Marimekko brand” that we are all familiar with today. This is how Marimekko CEO Mika Ihamuotila explains the Marimekko ideology: “Marimekko is about living, not pretending. Marimekko is about understanding and accepting the beauty of life just as we encounter it every day”.

Sources: The official Marimekko website, Marimekko: Kuvioissa. Marimekkoelamaa: Varia, raitaa ja muotoja.