Nuutajarven Lasitehdas ヌータヤルヴィ

Nuutajarven Lasitehdasとは1793年に設立され、フィンランドで最も古く、かつ現在も操業しているガラス工場です。このフィンランドの小さな村にあるガラス工場で200年以上もガラス製品が製造されているのはとても珍しい事です。

ヌータヤルビはその歴史の中で厳しい時代を何度も乗り越え、また幾度の倒産の危機を免れてきました。1950年には工場が完全に焼失し、その時のオーナーは工場を再生させる資金を持っていませんでした。そしてそのためヌータヤルビはWartsilaに売却されてしまうのです。その当時すでにWartsilaグループはarabiaという強いブランドを持っていたため、ヌータヤルビの製品はArabia-Wartsilaブランド下で販売される事となります。その経緯からこれらWartsilaもしくはarabiaのステッカーが製品に貼ってある事があるのです。

Arabiaのセールスネットワークを使う事によって1950年にヌータヤルビの製品はブームを迎えます。その成功の要因には1950年初期にヌータヤルビのアートダイレクターになったカイ・フランクの存在があります。カイ・フランクがダイレクションを始めた後は彼のデザインヴァリューであるsimplicity & affordabilty – 簡素さと求めやすさ- はヌータヤルビの日常使いでのガラス製品としてのヌータヤルビブランドを決定づけるものとなったのです。

1962年にはオイヴァ・トイッカが入社し、カイ・フランクと一緒に様々な実験的試みをガラスの表面や色に行うと同時に、ブロウ職人とともにたくさんの革新的なブロウ技術を編み出しました。そしてこれらの試みは有名なオイヴァ・トイッカのカステヘルミ、BirdsとLollipopシリーズに結びつくのです。フィンランドのガラス工芸の中でもヌータヤルビはそのガラスの色彩において圧倒的なパイオニアなのです。

今日、ヌータヤルビはイッタラとアラビアと同じグループに再編されました。そのガラス工場としての高い技術のため、現在ヌータヤルビは昔ながらのブロー技術でオイヴァ・トイッカのBirdsシリーズを生産しています。またヌータヤルビはフィンランド最大のガラスアーティストのコミュニティの拠点でもあります。(ヌータヤルビの現在はこちらこちらの記事から)

Oiva Toikka

Oiva Toikka

Kaj Franck

Kaj Franck

Kastehelmi

Kastehelmi

Birds by Oiva Toikka

Birds by Oiva Toikka

Lollipop

Lollipop

Kaj Frank Goblet

Kaj Frank Goblet

Nuutajarvi (1977)

Nuutajarvi (1977)

 

 

 

 

 

 

 

 

Nuutajarven Lasitehdas

Nuutajarven Lasitehdas is the oldest still working glass factory in Finland – it was originally founded in 1793. This means that glass has been produced in Nuutajarvi for more than 200 years now – quite a remarkable achievement for a little village.

During it`s history, Nuutajarvi has endured a lot of hardships, many times only narrowly escaping bankruptcy. In year 1950 Nuutajarvi`s factory burned down completely, and the owners did not have enough money to build the factory up again. Because of this devastating event Nuutajarvi was sold to Wartsila Group. Wartsila also owned Arabia, which had a strong export oriented sales network. After the merger, Nuutajarvi produced items were sold under the Arabia-Wartsila brand name. This is why you can sometimes spot a Wartsila or Arabia sticker in Nuutajarvi produced glass.

Utilizing Arabia`s strong sales network Nuutajarvi started a real boom in the middle of 1950s. The success of Nuutajarvi was largely thanks to Kaj Franck, who was hired as Nuutajarvi`s art director in the beginning of 1950s. After Kaj Franck took the lead, Franck`s design values of simplicity and affordability became the new norm and Nuutajarvi`s “every day glass” gained strong recognition.

In 1962, Oiva Toikka was hired. Together Kaj Franck and Oiva Toikka started doing many experiments on glass surface and glass colour, and many innovative techniques were developed in cooperation with the blowers. These experiments resulted in such iconic series as Oiva Toikka`s Kastehelmi, Birds and Lollipop series. Looking back at the Finnish glass history, Nuutajarvi was a true pioneer for developing a lot of original vibrant glass colourings.

Today Nuutajarvi has been merged into the same group together with Iittala and Arabia. As Nuutajarvi is famous for its highly skilled glass blowers, production in Nuutajarvi today is focused on Iittala`s hand blown Birds by Oiva Toikka series. Nuutajarvi is also home to the Finland`s largest community of independent glass artists. (read more about present day Nuutajarvi here and here).

Sources: Nuutajarvi Glass Village website.
200 Years of Finnish Glass – Nuutajarvi- book.