Pentik





ペンティックは1971年にセラミックとインテリアアイテムを中心とした家族経営の会社として設立されました。ペンティックはラップランドのポシオ(Posio)にあり、世界の中で一番北に存在する陶器の会社となります。今日のペンティックの工場は100万以上のセラミック製品を年間に製造しています。

会社はアヌ・ペンティックとトピ・ペンティカイネンによって設立され、特にアヌのセラミック陶器に対する情熱とパッションがペンテックを今日の有名なブランドに成長させる原動力になりました。ペンテリックの最も有名なデザインは特別な形をした2つのハンドルを持った”カクシコルヴァクッピ” (Kaksikorvakuppi)ではないでしょうか。これらは直ぐに人気を集め、今ではフィンランドの家庭ではどこでも見る事ができるアイテムとなっています。

1970年~80年にかけて、ペンティックはセラミック陶器や、レザーアイテム、家具におもむきを置いており、その商品の中心は陶器でしたが、この時代にはレザー製品や家具もよく売れていました。もちろん、ブランドの成功への未知は簡単なものではありませんでした。70年・80年の成功の後、90年代に入るとレザー商品や家具の売れ行きが急激に落ち始めます。ペンテックは倒産に限りなく近い状態でしたが、その商品ラインナップをセラミック陶器に戻し、また小さなインテリアアイテムへと集約する事でその倒産の危機を乗り越えたのでした。今日ペンティックは成功し、利益をあげているとても強いブランドと成長しました。

私はこのペンティックが大好きです。フィンランドの北のラップランドで一つの家族によって始められた小さな会社が現在では70以上のお店をフィンランド、ノルウェー、スウェーデンに展開していますが、もっとスカンジナビア以外でも有名になるべきブランドの一つだと私は思っています。

Posio

Posio

Anu Pentik

Anu Pentik

Kaksikorvakuppi

Kaksikorvakuppi

 

pentik overview

Pentik is a Finnish family-run company established in 1971 focusing on ceramics and small interior items. The Pentik factory located in Posio, Lapland, is currently the northernmost operating ceramics factory in the world. Today Pentik’s Posio factory is producing over a million ceramics products per year.

The company was established by Anu Pentik and Topi Pentikäinen. It was in fact Anu Pentik’s skills and passion in ceramics that lead the company to its current position of being one of the most significant brands in Finland. Probably the most famous Pentik design is the so-called “Kaksikorvakuppi” mug cup with a specially shaped two-finger handle. These “Kaksikorvakuppis” were produced in various designs – they became instantly popular and can be found in virtually any Finnish home.

In 1970s and 80s, Pentik was focusing on ceramics, leather goods and furniture. Ceramics has always been Pentik’s core business, but during these decades leather goods and furniture was also selling well. Road to success was not smooth sailing, though. After the successful decades of 1970s and 80s, the company ended up in serious trouble with the radical decline in sales of leather goods and furniture in the beginning of 1990s. Pentik was in the verge of bankruptcy, but luckily survived the hard times by refocusing on their core business ceramics and adding small interior items in their product line-up. Today Pentik is a very successful and profitable company with a strong brand image.

I especially love Pentik because it’s northern dimension. I am totally amazed that a single family was able to build such a successful business empire from nothing, especially while being located so up in the north in Lapland. Today, Pentik has over 70 stores in Finland, Norway and Sweden, but I do hope that they become more known outside Scandinavia too. They certainly deserve it.

Sources: The official Pentik website, Suomen Kuvalehti. (May 2010).