Tampella

Tampella Logoアイカパイカのブログに来られる方はタンペッラ(Tampella)について聞いた事があるかと思います。タンペッラとはフィンランドのテクスタイルメーカーで1960年代〜70年代にレトロでカラフルなパターンを多く製造していました。(既にこのブランドは存在しません)今、フィンランドでもオリジナルのタンペッラのファブリックを良い状態で探す事は大変難しくなっています。そのタンペッラについてのストーリーです。

タンペッラは1856年に設立されタンペレ(Tampere)にあるフィンレイソンの隣に工場がありました。当初タンペッラはベーシックなリネン商品のみを生産していました。1961年に機械の工場に併合されると、新しい会社の名前はTampereen Pellava- ja Rautateollisuus Oyとなりました。これはフィンランド人にとっても比較的長い名称であったためTampellaがそのまま使われました。またタンペッラが非常に人々に根付いた名称であったため、会社はこれをまた正式な会社名称にする事を1961年に決めます。

1800年代に会社はベーシックなリネンやローブ、ヨットの帆などを製造していましたが、直ぐに高級なキッチンやインテリアファブリックの製造も始めます。この初期のインテリアファブリックには自然のモチーフが多く使われ、また1917年のフィンランドの独立もあり、よりナショナリスティックなシンボルも使用されていました。いくつかの人気のあるインテリアファブリックは何十年にも渡って生産され続け、当時のマーケティングの殆どは平均的なフィンランドの主婦層をターゲットとしていました。

その後の合成ファイバーの出現や低コストの輸入ファブリックの登場により会社を取り巻く競争は一層激しくなります。そこでタンペッラは素材と製品ラインナップを刷新するプロセスを始めます。そして大きな変化は1953年、タンペッラがモダンなプリントファブリックを大胆なカラーや幾何学的なレトロシェープで製作したところ、瞬く間にそれらのファブリックは成功します。そしてフィンランドで殆どの人が知るブランドに成長します。

しかしながら1970年代にさらに安価な輸入ファブリックの台頭によりタンペッラの状況は一段と厳しくなりました。生産拠点を変更するだけではコスト競争に勝てず、1985年には全ての工場を閉鎖してしまいます。

タンペッラの有名なレトロデザインには次のシリーズがあります。

・パイヴァンカッカラ Paivankakkara (by マルヤッタ・メツォヴァーサ Marjatta Metsovaara)
・イソシトルーナ Isositruuna
・ジョーセッピ Jooseppi
・パラペリ &ミッコ Palapeli and Mikko

その発売されたシリーズについての記録が存在しないため、多くのデザインパターン、シリーズ名、そしてデザイナーは知られないままです。

Tampella

Tampella

Isositruuna

Isositruuna

Mikko

Mikko

Jooseppi

Jooseppi

Paivankakkara

Paivankakkara

Paivankakkara

Paivankakkara

"Black-Red Clover"

“Black-Red Clover”

"Red-Yellow Flower"

“Red-Green Flower”

Tulipa

Tulipa

Tampella Yellow Fabric

“Yellow heart” Fabric

Tampella Fabric

Tampella Fabric

Punahilkka

Punahilkka

Tampella

Some of you might have heard of Tampella, a Finnish textile manufacturer producing colorful, fun retro patterned fabrics in the 1960s and 1970s. Original Tampella fabrics are true treasures, and they are becoming increasingly difficult to find in good condition. Here is a story of Tampella.

Tampella was founded in 1856, with the factory located just next to Finlayson in Tampere. In the beginning the company was producing just basic linen products targeted at private households and different industries. In 1961 the company was merged together with a machine factory – and the name of the new entity became Tampereen Pellava- ja Rautateollisuus Oy. Because this name was rather long, people started calling it just ‘Tampella’. The name ‘Tampella’ became so deeply rooted into people’s minds that the company decided to legalize the name as its official company name in 1961.

At the end of 1800s, the company was mass-producing basic linen fabrics, robes, strings, and even yacht sail fabrics, but soon Tampella expanded into high-end kitchen and interior fabrics too. These early interior fabrics portrayed a lot of nature motifs, but also nationalistic symbols after Finland became independent in 1917. Some of the most popular interior fabric models were produced for decades and decades. The marketing of these early interior goods was especially targeted to the average Finnish housewife.

Over the years the emergence of synthetic fibers as well as mass imports of fabrics from low-cost producing countries started to significantly tighten the competition. Tampella began the process of renewing its materials and its product range. The real change came about in 1953, when Tampella started producing modern print fabrics with bold colors and geometric retro shapes at its Lapinniemi factory. These new, fun fabrics were a great success, and Tampella became a name known in every Finnish household.

At the end of 1970s, Tampella started getting into serious trouble while facing cheap, international fabric imports. Even a change to a new production location could not save the company, and unfortunately the whole textile production of Tampella was finally stopped in 1985.

Some of Tampella’s most memorable retro designs include: Paivankakkara (by Marjatta Metsovaara), Isositruuna (1978), Jooseppi, Palapeli and Mikko-pattern for children. Since there are no clear and comprehensive records kept on all of Tampella’s patterns, for many designs the name of the pattern and the designer remain officially unknown.

Sources: www.tampere.fi: Tekstiileja Tampereelta.